LoginSignup
0

More than 1 year has passed since last update.

エンジニアの道を選んで1年4ヶ月たった話

Posted at

初めに

初めまして来年からAndroidエンジニアとして働く予定のmessiです。
Twitter -> https://twitter.com/175Atsu175
趣味でカメラやってるのでそのアカウントも是非
Twitter -> https://twitter.com/messi0601

今回は自分がAndroidと出会ってエンジニアで働こうと決めてから1年4ヶ月たった今を振り返ってみたいと思います。
去年の夏まではAndroidなんてやったことないし、大学は経営学部なのでエンジニアとは疎遠です。(Pythonちょっと触ったぐらい)
エンジニアとしてもチュートリアルの本ぐらいしか行ったことがなかった人がなぜか来年からAndroidエンジニアとして働くことになった経緯やエンジニアの道を選んで今までどんなことしてたかを書いていきます。

2019年8月[Androidとの出会い](0ヶ月目)

Androidに初めて出会ったのは2019年の8月でした。出会ったきっかけは8月に参加したAndroidのインターンでした。
申し込んだきっかけとしては、元々iosのチュートリアル本みたいなものを1週やったことがあったのですが、Androidユーザーだったこともあり、手元に端末がなく、実機で試すことが出来ませんでした。
そんなこともありAndroidやりたいなと思い申し込みました。

夏のインターンでは平日の2週間でQRを生成してプロフィール交換するアプリを作りました。

2019年9月[決意](1ヶ月目)

2週間のインターンの後、自分はAndroidエンジニアとして就活していくことを決意しました。
元々エンジニアになるか総合職にするかかなり悩んでいました。エンジニアとして進もうと思った理由として、自分の将来像が関係してきます。
自分は将来的にエンジニアやビジネス、デザイナーなどのパイプのような存在になりたいと思っています。そのため、社会人になった時に仕事と技術の勉強を同時するのがかなり負担になりそうだと思ったのと、しっかり現場のエンジニアとしてエンジニア目線というものをしっかり体感する必要があると思い、エンジニアの道を選びました。

インターン後、本やネットなどを参考に1ヶ月ほど独学で学習しました。
ただ、独学の限界、自分の勉強の方向性とかが不安になり実務インターンを探し始めました。

2019年10~2020年8月[インターン](2~12ヶ月目)

運もよく、10月からベンチャー企業Aでの実務インターンを行い始めました。
コードを読むことに慣れてないところから始まり、初めは小さなバグ修正を主に行っていました。
小さなバグを直そうとした際に他の部分にも影響が出てしまったり、条件に合わない挙動が起きたりかなり手こずりました。
12月の1ヶ月は別の企業のインターンにいっており、1月からまたベンチャーA企業に戻ってきてた際に新規の機能を任されその機能を1から作ることを任されました。なんとか作り終え無事にリリース出来ました。

最終的に約10ヶ月間お世話になりました。
ここでついた力というのはエンジニアとしての精神という物を鍛えられた気がしてます。

2019年12月[インターン2&内定](4ヶ月目)

ベンチャー企業Aを1ヶ月間おやすみをいただいて、2019年12月は1ヶ月間別の会社でインターンを行ってました。
ここでは、まだ当時リリースされていなかったアプリをに携わらせてもらいました。
主にアプリの画面のUI部分を作らせてもらいました。

そしてその企業からAndroidエンジニアとして内定をいただきました🎉🎉🎉

5月~6月[個人アプリリリース](10ヶ月目)

今まで実務ベースのチーム開発が主な開発でした。そのため一人でアプリを0から作ってリリースしたことがもちろんなく、一つの夢みたいな思いがあったのでそれを行ってみようを思い取り組んでみました。
その結果作ったアプリは「SkyCode」というアプリです。
画像からColourCodeを取得して表示するアプリになってます。
リンク -> https://play.google.com/store/apps/details?id=com.messi.skycode&hl=ja

このアプリの制作からリリースまで約2~3週間で行えました。(短期集中じゃないと飽きそうだったのでw)
詳しい記事はこちらに書いてあるので是非読んでみてください。
https://qiita.com/175atsu/items/66dec0f80b97f2da70ae

2020年9月〜現在[基礎固め](1年~1年4ヶ月目)

ベンチャー企業Aを辞めて内定先バイトを行い始めました。
ここで大きな壁にぶつかりました。
コードを雰囲気で書いていたということです。
コードの本当の意味合いなどをしっかり理解した上で書いていなかったことに気付き、基礎をもっと定着させないと今後きつくなるとメンターさんに言われ、1から勉強し直し始めました。

まとめ

絶賛まだ、基礎固め中です。

エンジニアの道を選んで1年4ヶ月たった今思うこと

色々遠回りしていたのかも知れないと最近になって思います。
ただ、毎回その状況における自分の最適な行動をしてたと自分は思うので、今は今出来ることに取り組んでいきます。

エンジニアの道を選んだことについて

今かなり、きついなーって思うことが多々あるのですが、後悔は一切してないです。(ただ、なぜエンジニアとして採用されたかは永遠の謎です)

漫画の言葉になってしまうのですが自分がかなり好きな名言があるので紹介させてもらいます。
「正しい判断を下す事、下そうとする事は大切だ。でも、決してそれだけが全てじゃない。
判断が正しいか間違っているかなんて、その時には誰も判らない。
だから大切なのは
"判断の後"。
"下した判断を正解にする努力(こと)"。」

引用:約束のネバーランド第109話

エンジニアの道を選んだのは自分なのでひたすらに努力して頑張って自分の目標とする姿を目指していきます。

では良いお年を。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
0