Edited at

【GMOクラウドVPS】Redmineインストール手順

More than 1 year has passed since last update.


契約情報

[プラン]

1GB プラン

[OS]

CentOS 6.2

[テンプレート]

CentOS 6.2 x64 Plesk12


Redmineインストール


インストールするサブドメインを作成する


  • PLESKにログインする

  • 対象のドメインでサブドメインを作成する

例:redmine.example.com


  • データベース作成

  • メールアドレス作成

以下SSHから操作します


パッケージインストール

yum install gcc gcc-c++

yum install mysql-server mysql-devel
yum install openssl-devel readline-devel zlib-devel curl-devel


epelパッケージインストール

yum install epel-release

yum install libyaml libyaml-devel --enablerepo=epel
yum install nodejs npm --enablerepo=epel


rubyインストール

curl -O http://cache.ruby-lang.org/pub/ruby/2.0/ruby-2.0.0-p481.tar.gz

# tar zxvf ruby-2.0.0-p481.tar.gz 

# cd ruby-2.0.0-p481
# ./configure --disable-install-doc
# make
# make install


gemパッケージインストール

gem update --system --no-rdoc --no-ri

gem install bundler --no-rdoc --no-ri
gem install daemon_controller --no-rdoc --no-ri
gem install rack -v=1.6.4
gem install passenger -v=5.0.10 --conservative


  • インストールされたgemパッケージ確認

# gem list

*** LOCAL GEMS ***

bigdecimal (default: 1.2.0)
bundler (1.13.6)
daemon_controller (1.2.0)
io-console (default: 0.4.2)
json (default: 1.7.7)
minitest (default: 4.3.2)
passenger (5.0.10)
psych (default: 2.0.0)
rack (1.6.4)
rake (default: 0.9.6)
rdoc (default: 4.0.0)
rubygems-update (2.6.8)
test-unit (default: 2.0.0.0)


redmine


  • redmineリソース配置

cd ~/

curl -O http://www.redmine.org/releases/redmine-2.5.1.tar.gz
tar zxvf redmine-2.5.1.tar.gz
mv redmine-2.5.1 /opt/redmine-2.5.1
cd /opt/redmine-2.5.1/config
cp database.yml.example database.yml


  • database.ymlを作成

vi database.yml

production:

adapter: mysql2
database: dbname
host: localhost
username: user
password: *******
encoding: utf8


  • configuration.ymlを作成

vi configuration.yml

production:

email_delivery:
delivery_method: :smtp
smtp_settings:
address: "smtp.example.com"
port: 587
authentication: :login
domain: "redmine.example.com"
user_name: "redmine@example.com"
password: "********"
enable_starttls_auto: false


  • bundleインストール

cd /opt/redmine-2.5.1/

bundle install --without development test rmagick --path vendor/bundle


  • redmineのビルド

bundle exec rake generate_secret_token

RAILS_ENV=production bundle exec rake db:migrate


httpdモジュールインストール

passenger-install-apache2-module


  • インストール後のLoadModule passenger_module~をコピーします


  • passenger用conf設定


vi /etc/httpd/conf.d/passenger.conf

LoadModule passenger_module /usr/local/lib/ruby/gems/2.0.0/gems/passenger-5.0.10/buildout/apache2/mod_passenger.so

<IfModule mod_passenger.c>
PassengerRoot /usr/local/lib/ruby/gems/2.0.0/gems/passenger-5.0.10
PassengerDefaultRuby /usr/local/bin/ruby
</IfModule>

# Passengerが追加するHTTPヘッダを削除するための設定(任意)。
Header always unset "X-Powered-By"
Header always unset "X-Rack-Cache"
Header always unset "X-Content-Digest"
Header always unset "X-Runtime"

PassengerMaxPoolSize 20
PassengerMaxInstancesPerApp 4
PassengerPoolIdleTime 3600
PassengerHighPerformance on
PassengerStatThrottleRate 10
PassengerSpawnMethod smart
RailsAppSpawnerIdleTime 86400
PassengerMaxPreloaderIdleTime 0

<VirtualHost [IPアドレス]:80 >
ServerName "example.com:80"
DocumentRoot "/opt/redmine-2.5.1/public" # redmineがおいているパスに変更する
</VirtualHost>


  • 権限設定

chown -R apache:apache /opt/redmine-2.5.1


  • パーミション変更

chmod 777 /opt/redmine-2.5.1/tmp/cache

chmod 777 /opt/redmine-2.5.1/files


  • 検索エンジンにインデックスさせないようにする

vi /opt/redmine-2.5.1/public/robots.txt

User-agent: *

Disallow: /


  • Googleボットのアクセスを拒否する

vi /opt/redmine-2.5.1/app/views/layouts/base.html.erb


  • head内に下記を追記する

<meta name="googlebot" content="noindex,nofollow,noarchive" />


  • Apache再起動

# /etc/rc.d/init.d/httpd restart


  • 対象のURLにアクセスしてアクセスできれば設定完了


Redmine初期設定


ログイン


  • 右上の「ログイン」からログイン画面に遷移する

  • ID、PASSともに「admin」でログインする


adminユーザのパスワードの変更


  • 「ログイン中 admin」のリンク→「編集」をクリック

  • 管理者情報を編集する


デフォルトデータのロード


  • 上部メニューの「管理」をクリック

  • 「デフォルト設定をロード」をクリック


日本語での利用に適した設定


  • 上部メニューの「管理」をクリック

  • 「設定」をクリック


「規定の言語」と「ナマエの書式」の設定


  • 「表示」タブをクリック
    「規定の言語」・・・「Japanese(日本語)」を選択
    「ユーザー名の表示書式」・・・「Admin Redmine」を選択


ホスト名を設定


  • 「全般」タブをクリック
    「ホスト名」・・・「対象のホスト名」を入力する


リポジトリブラウザでも字コードの自動判別を設定


  • 「全般」タブをクリック
    「添付ファイルとリポジトリエンコーディング」・・・「utf-8,cp932,euc-jp」を設定する