Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
163
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 5 years have passed since last update.

posted at

Railsのデータロック

トランザクション

begin
  ActiveRecord::Base.transaction do
    .
    .
    raise 'ロールバックします'
  end

  p 'コミット' # トランザクション処理を確定
rescue => e
  p 'ロールバック' # トランザクション処理を戻す
end
  • transactionブロックの中で登録・更新処理を行う場合は、saveやupdateではなく、save!, update!を使用する。

  • transactionブロックの中で複数のモデルの更新を行った後に例外を発生させると、全部のモデルがロールバックする。

楽観的ロック

「競合は多分起きないだろう」という前提で、データの取得時には何もせず、更新時に競合をチェックする方法。

  • レコードのバージョン管理を行うため、テーブルにlock_versionカラムを追加する。その際、デフォルト値を0にする。
  • lock_versionはレコード更新時に1増える。
  • lock_versionはフォームのパラメータとして送信する必要がある(hiddenでOK)。
  • 更新時に、データ取得時のlock_versionと異なればエラー(ActiveRecord::StaleObjectError)を発生させる。
  • 設定ファイルで ActiveRecord::Base.lock_optimistically = false にすると、楽観的ロックを無効にすることもできる。

悲観的ロック

「競合が起きるだろう」という前提で、データの取得時にデータをロックし、更新時にロックを解除する方法。「これからこのデータをいじるから、他の人はこっちの処理が終わるまで待ってね」ということ。

  • トランザクションを使用する。

上記参照。

  • モデルのlockメソッドを使用する。
User.lock.find(1)

user = User.first
user.lock!
  • モデルのwith_lockブロックを使用する。
account = Account.find(10)
account.with_lock do
  account.name = 'fuga'
  account.save!
end
  • 他のトランザクションがロックの解放待ちになるため、長く待たされるとタイムアウトになってしまう可能性もある。
  • 利用できるDBMSはPostgresかMySQL。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
163
Help us understand the problem. What are the problem?