Help us understand the problem. What is going on with this article?

年賀状がパソコンなしでも作れる時代がくる~~~~???

More than 5 years have passed since last update.

結論:きませんでした

この記事はEject Advent Calendar 2013の23日目です。

みなさんEjectしてますか?

クリスマスにはなにをwhile ;do;eject -T;done; される予定の人もいるかと思いますが、ぜひ爆発していただきたく存じ上げます。

私のEject遍歴

2004年にはじめて(コピペを駆使してわけもわからず)書いたプログラム(言語:ひまわり)がトレイをejectしてひっこめるだけものであったり、ドライブを増設した際に興奮のあまりこんな動画をうpしてしまうくらいの無類のEject好きのようでした。当時の私がいったい何を思ってトレイ開閉プログラムをつくってしまったのかは忘れてしまいましたが、何としてでも自動開閉したかったんだと思います。

そんな隠れEjectanな私がEjectが好きなんだとはっきりと自覚したのはつい最近のことでした。

Ejectではんこを押すなにか

閑話休題。







というわけで今回、Eject工作としてEjectではんこを押して年賀状を制作するなにかを、

作れませんでした。

Ejectなめてた。

SATA延長ケーブルや100均のはんこなどで2000円くらいかかりました。ケーブル調達に日本橋オタロードまで行きましたが、その後に寄った梅田ヨドバシにも普通においてあった。



トレイに両面テープではんこをくっつけただけのシンプルなつくりです。マジックテープ式ではんこの換装を容易にしたつもりでしたが、両面テープの粘着力が弱くてはんこを取るときにマジックテープもいっしょについてきてしまいます。本当は上から下に押せるように垂直にしたかったのですが、このドライブ壊れているのか仕様なのか水平でないと開閉してくれないのでしかたなく水平にしました。 水平にしていても稀に開かないので壊れていると思います。DVDドライブなのにDVD読めなくなったし。ダンボール工作マンなので土台はダンボールです。入手性良し加工性良し。高捨てられビリティ。



おあつらえ向きに細いはんこがあったので勝ちを確信したのですが。

ejectコマンド自体はワンライナーでただejectを繰り返すだけのものです。

結果

動作ムービー



上5つがejectで押印したもの、下1つが普通に押印したものです。押す力が弱いのと、はんこが重力でわずかに傾いてしまうせいで、まともに押印することができませんでした。ダンボールだけよりは良くなるかと思って装着したマスクは、ほとんど無駄な抵抗でした。スタンプ台を毎回挟まないといけないのがクソ面倒臭かった。。。インク内蔵型は必須だなと思いました。そうなると重くなるので垂直姿勢も必須になってきます。

今後の課題

  • どんな姿勢でも開閉する安いドライブをみつける
  • シャチハタのようなインク内蔵型のスタンプをみつける
  • 年賀状を送る相手を見つける
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした