Ubuntu から Windows の共有フォルダをマウントして利用する

  • 89
    いいね
  • 1
    コメント

HOWTO

Windows 側

共有フォルダの準備

Linux からアクセスしたいフォルダを共有フォルダにしてください。

Linux 側

必要なパッケージ

cifs-utils が入っていなければ入れてください。
samba-client を入れろという解説記事も多いみたいですが、単に Linux 側からマウントするだけなら cifs-utils で十分です。(結局、依存関係で samba-client も入るような気はします。)

$ sudo apt-get install cifs-utils

必要なディレクトリ

マウント先のディレクトリを作成してください。

$ sudo mkdir -p /mnt/windows

コマンド

以下のコマンドでマウントしてください。

$ sudo mount -t cifs -o username=[username],password=[password] //[server]/[share] /mnt/windows

ここで

  • [username][password] : Windwos のユーザ名およびパスワード
  • [server] : Windows のサーバ名または IP アドレス
  • [share] : 共有フォルダ名

となります。

例えば、接続先 Windows 側のユーザ名 "mdstoy"、パスワード "qiita"、IPアドレス "192.168.0.1"、共有フォルダ名 "win_share" の場合のコマンドは以下のようになります。

$ sudo mount -t cifs -o username=mdstoy,password=qiita //192.168.0.1/win_share /mnt/windows

うまく行っていれば、/mnt/windows が共有フォルダを指しているはず!