Help us understand the problem. What is going on with this article?

IFTTTをcurlで操作

IFTTTをcurlで操作

smart plugをスクリプトから操作したい

最近、Smart Plug (いわゆる遠隔操作ができるコンセント) が安くなっています。ただ、スマホからOn/Offするだけではもったいない。
自家サーバ (というなのRaspberry Pi君) が、一定温度以上になったら、勝手に外付けファンをOnにできないものかと、思っていた。

そこで、IFTTTにある、Webhookと、Smart Lifeを組み合わせて、自動化に挑戦してみた。

  • Webhook: 作成したAppletに対して、curlインターフェースを提供するサービス
  • Smart Life: Smart Plugの一派 (スマホで、Smart Lifeアプリで動作するもの)
  • Meross: Smart Plugの一派 (スマホで、Merossアプリで動作するもの)

IFTTTでのMy Applet作成

  1. 右上の、New Appletをクリック
    image.png

  2. 「if +this then that」がでてくるので、+thisをクリック
    image.png

  3. 「Choose a service」とでて、検索バーがでてくるので、「webhook」と入力

  4. webhookがでてくるので、クリック
    image.png

  5. すごく、間延びした画面が登場。一番左、「Receive a web request」をクリック
    image.png

  6. 登録するイベント名称を入力
    image.png
    イベント名称は、curlでアクセスするURLが使う文字列になるので、空白や特殊文字は避けたほうが無難です。

  7. ここで、+thisのパートが終了。+thatをクリックして、後半戦へ
    image.png

  8. 「smart life」と入力し、「smart life」サービスを選択
    image.png
    もしくは、「meross」でも可
    image.png

  9. 使いたいサービスを選択。(ここの例では、Turn offを選択して、継続)
    image.png

  10. どのデバイスを制御するのか聞かれるので、プルダウンから選択。(ここの例は、スマホで"empty"と名付けたdeviceを指定)
    image.png

Merossでも、大体同じ展開。(ここでは、スマホで"USB Fan"と名付けたdeviceを指定)
image.png

 11. 最後に、確認画面をながめて、Finishをクリック

image.png

 12. My Appletに登録されているか、確認して、終了

image.png

webhookの使い方を確認する

image.png

  1. 上部にあるサーチボタンをクリック
  2. serviceのタブをクリック (デフォルトは、Appletなので、その右)
  3. すると、webhookが表示される。webhookをクリック

image.png

  1. 右上に注目。「Documentation」と「Settings」が現れる
    • Documentation アクセス方法が記載された説明書
    • Settings アクセス方法で使用するトークンを管理

Settings

image.png

  • URLに記載されたURLが、webhookで利用するURL。トークンの部分があるので、本当はもっと長いURLデス
  • Edit connectionを押すと、トークンが変化する。つまり、表示されるURLのトークン部分が、変化していくのが確認できる

Documentation

image.png

{event}と書かれているところに、イベント名で指定したものを入れて使う。ここの例ですと、TurnOffFanとなる。

Curlしてみる

それでは、実際に、curlしてみる。上記、Documentationに書かれているまんま実行

$ curl -X POST https://maker.ifttt.com/trigger/{TurnOffFan}/with/key/abcdefghijklmnopqrstuv
Congratulations! You've fired the TurnOffFan event

無事に、ファンが止まれば成功。(実際にとまりました)

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした