Help us understand the problem. What is going on with this article?

phalcon が php7 に対応したっぽいので試してみた

More than 3 years have passed since last update.

https://blog.phalconphp.com/post/phalcon-2-1-0-RC1-released
完全にこの通りにインストールする。

git clone http://github.com/phalcon/cphalcon
cd cphalcon
git checkout 2.1.x
zephir build --backend=ZendEngine3

 んだけど、zephir が必要。なので、 2.1.x をチェックアウトして、プロジェクトルートで

composer require phalcon/zephir

したら
スクリーンショット 2016-04-14 18.25.28.png
!!!This package requires php ~5.4 but your PHP version (7.0.2) does not satisfy that requirement.!!!

composer.json を修正しましょう。

"require": {
        "php": "7.0.*"
    },

こんどこそ問題なく実行できました。とりあえず ./vendor/bin/zephir をぶったたいてやります。すると。。。

error: re2c is not installed

なんだよまだなんか必要なのかよ。 re2c が必要のようです。まっくんはこんな感じでいれるらしい http://macappstore.org/re2c/

ここで超困りました。re2cはすでにインストールされてます。が、re2c is not installedっていわれまくりです。とりあえず「zephir re2c is not installed」 でぐぐって一番上のこの記事を参考にさせていただきました。インストーラーのバグらしい。

これで準備は整いました。なにをしてたのかわからなくなってしまいましたが、phalcon をインストールしようとしてたんです。

./vendor/bin/zephir build --backend=ZendEngine3

これでいけるぞ!と思いきやそんな簡単じゃありませんでした。まんまとこの通りになりました。

zephir 0.9.2 以上じゃないとだめっぽいです。最初に書いとけよそんなのもう。なんなの? 

git clone https://github.com/phalcon/zephir
cd zephir
./install -c

こんどこそ、phalcon をインストールできるはずです。cphalcon 直下で、

zephir build --backend=ZendEngine3

スクリーンショット 2016-04-14 19.15.22.png

ぬあああああああああああああああああああああああ

スクリーンショット 2016-04-14 19.19.53.png
じゃーん
とりあえずインストールできました。これから軽くいじってみようっと。

mayutan
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした