I/O電圧が3.3VのUSB/TTLシリアル変換アダプタ

More than 3 years have passed since last update.


イントロダクション

USB/TTLシリアル変換では、FTDIのTTL-232R-5VおよびTTL-232R-3V3で用いられている6つのピンの並びを参考にしたものが各社から販売されています。

オリジナルはI/O電圧が5Vと3.3Vの2種類あるものの、VCCは5Vで共通でした。しかしながら、途中からI/O電圧を選択可能な製品が幾つか出てきたため、一口に「3.3V対応版」といってもVCCが5Vのものと3.3Vのものの2種類があります。

ここで、VCCが3.3VのものはFT232RLの機能として提供する3.3Vを利用しているため、50mAしか供給できません。これはちょっとした実験には便利な場合もありますが、Wi-FiモジュールのESP8266のようにそれなりの電流が必要となる場合には使えません。

全製品のリストを作ることはとてもできないのですが、備忘録として日本で入手しやすいものについて簡単にまとめてみました。


VCCが5V


VCCが3.3V