Help us understand the problem. What is going on with this article?

スタディプラン

More than 1 year has passed since last update.

目次:eye:

1.課題について
2.アプリについて
3.ターゲット
4.特徴について
5.作成した行程について
6.その他(アプリの構成)

1.課題について:writing_hand_tone1:

 「課題がたまってしまう…:weary:」「テスト勉強がはかどらない…:sleeping:」「テストまで時間がない…:dizzy_face:」だけど「計画がうまく立てれない…:worried:」立てても「その通りに進まない…:cold_sweat:」人が多い!!そのため自分の全力でテストを受けることができず、悲しい結果に・・・:sob:それを少しでもなくし、計画的に勉強してもらい、成績を上げ、進路の幅を広げてもらいたい!!
 私たちの学校では、テスト期間中の学習計画を、プリントに記入し、先生に提出していました。書くのを忘れてしまったり、提出し忘れたり、とても大変でした:confounded:それを改善するため、アプリを使い、いつでも簡単に書き込め、いつでも提出できるようにしたい!!と考えました。

2.アプリについて:writing_hand_tone2:

このアプリは、勉強の計画を細かく立てることができるアプリです:point_up_tone2:
1日の目標を立て、何時から何時まで何の教科の何をやるのか、細かく計画を立てることができます。1日の勉強が終わり、その日の反省も書け、次の勉強に活かすことができます。そして、学校や、塾で使用する場合、先生にそのデータを送信し、アドバイスや、コメントをもらうことができます!!

3.ターゲット:punch_tone1:

計画が上手く立てられず、困っている学生:tired_face:

実際私たちも計画を上手く立てれず、切羽詰って勉強して後悔したことがたくさんあります。
プリントでの計画は、やはり書くことが面倒で、継続して続けることができませんでした。そのような学生は多いと思います。今の学生は、学習の目標も立てず、意志が低下している人も多いと感じています。

4.特徴について:point_up_2_tone1:

・1日の目標が立てられる

・始める時間、終わる時間を書き込める

・何の教科をやるか書き込め、専門的な教科は自分で打ち込める

・その教科をどう勉強するのか、内容を書き込める

・達成度を書き込める

・1日の反省を書き込め、次回の勉強につなげることができる

・先生に計画を送れ、それにコメントや、アドバイスをもらうことができる

5.作成した行程について:open_hands_tone1:

①アイデアを出し合う
 まず課題を見つけ、それを解決するために何が必要なのかを考えた。

②出たアイデアを紙や付箋を使いまとめていく
 とにかく出た意見は書き出し、まとめていった

③考えたアプリにどのような機能が必要かを考える
 使う人たちのことを想像して、この機能があれば便利だなとか、
 使ってもらえるな、ということを考えながら行った

④kintoneを使いわかりやすくなるようにアプリの構成を考えた
 見やすさを重視し、簡単にまとめられるように考えていった

6.その他(アプリの構成):writing_hand_tone1:

kintone.png

これに入力すると・・・

(例)
kintone2.png

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away