Edited at

時刻同期chronyの導入

More than 1 year has passed since last update.


概要

時刻同期のNTPサーバとして、chronyを導入する。

なおデフォルトでインストールされている。


chronyの導入


chronyのインストール

以下のコマンドでchronyをインストールする。


chronyのインストール

sudo yum -y install chrony



chronyの設定

以下のコマンドで設定ファイルのバックアップを取得する。


chrony.confのバックアップ

sudo cp -piv /etc/chrony.conf /etc/chrony.conf.`date "+%Y%m%d"`

<出力結果>
`/etc/chrony.conf' -> `/etc/chrony.conf.YYYYMMDD'


以下のファイルを編集し、chronyの設定を行う。


/etc/chrony.conf

#Use public servers from the pool.ntp.org project.

# Please consider joining the pool (http://www.pool.ntp.org/join.html).
### NTP Server begin
#server 0.centos.pool.ntp.org iburst
#server 1.centos.pool.ntp.org iburst
#server 2.centos.pool.ntp.org iburst
#server 3.centos.pool.ntp.org iburst
server ntp.nict.jp iburst
server ntp1.jst.mfeed.ad.jp iburst
server ntp2.jst.mfeed.ad.jp iburst
### NTP Server end
(中略)
# Allow NTP client access from local network.
### NTP Server begin
#allow 192.168.0.0/16
allow 192.168.11.0/24
### NTP Server end
(以下、省略)

以下のコマンドでchronyを起動し、再起動時に自動起動するように設定する。


chronyの起動

sudo systemctl restart chronyd

systemctl status chronyd

<出力結果>
● chronyd.service - NTP client/server
Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/chronyd.service; enabled; vendor preset: enabled)
Active: active (running) since 土 2018-07-28 11:12:24 JST; 3h 22min ago
Docs: man:chronyd(8)
man:chrony.conf(5)
Main PID: 639 (chronyd)
CGroup: /system.slice/chronyd.service
mq639 /usr/sbin/chronyd



chronyの自動機能設定

sudo systemctl enable chronyd



chronyの動作確認

以下のコマンドで設定したNTPサーバから時刻同期しているかを確認する。


chronyの動作確認

chronyc sources

<出力結果>
210 Number of sources = 3
MS Name/IP address Stratum Poll Reach LastRx Last sample
===============================================================================
^* ntp-b2.nict.go.jp 1 6 377 31 +1285us[ +158us] +/- 7948us
^- ntp1.jst.mfeed.ad.jp 2 6 377 31 +669us[ +669us] +/- 74ms
^- ntp2.jst.mfeed.ad.jp 2 6 377 31 +1009us[+1009us] +/- 83ms



次の手順

以上