centos7

CentOS7 (1804) のテキストベースインストール手順


概要

CentOS7(1804)をテキストベースでインストールした手順を備忘録として残す。


ブート時の起動方法

事前に以下のサイトからダウンロードしたISOファイルをDVDに焼いておく。

http://ftp.riken.jp/Linux/centos/7/isos/x86_64/CentOS-7-x86_64-Minimal-1804.iso

DVDからブートすると標準でグラフィカルモードでインストーラが起動するので、起動時の画面で「Tab」キーを押下して以下のオプションを入力する。

具体的には最後の「inst.text」を追記するだけ。

> vmlinuz initrd=initrd.img (中略) inst.text


テキストベースのインストール


メニュー構成

テキストベースインストールを実行すると以下のCUIメニューが表示される。

以降は、指示に従いインストールを進める。

CentOS_CUI_Menu_Init.png


言語の設定

メニュー構成の画面より、「1) Language settings」を選択して、以下の順番で設定する。

設定項目
入力する番号
設定される値
入力する値

Available languages
32
Japanese

Available locale
1
Japanese (Japan)

設定後に、元のメニュー構成の画面に戻る。


タイムゾーンの設定

メニュー構成の画面より、「2) Timezone settings」を選択して、以下の順番で設定する。

設定項目
入力する番号
設定される値
入力する値

Timezone settings
1
Set timezone

Available regions
2
Asia

Available timezones in resion Asia
72
Tokyo

設定後に、元のメニュー構成の画面に戻る。


インストール元の設定

メニュー構成の画面より、「3) Installation source」を選択して、以下の順番で設定する。

設定項目
入力する番号
設定される値
入力する値

Installation source
1
CD/DVD

設定後に、元のメニュー構成の画面に戻る。


ソフトウェアの選択

メニュー構成の画面より、「4) Software selection」を選択して、以下の順番で設定する。

設定項目
入力する番号
設定される値
入力する値

Software selection
1
Minimal Install
c

設定後に、元のメニュー構成の画面に戻る。

設定が反映されておらず [!] という表示になっている場合は、「r」を入力して表示をリフレッシュする。


インストール場所の設定

メニュー構成の画面より、「5) Installation Destination」を選択して、以下の順番で設定する。

本環境はOracle Virtual Boxの仮想環境なので、Virtual Disk 32GBのディスクを全て利用する。

開発用で用途が未確定のため、パーティションは柔軟に設定できるLVMで構成する。

設定項目
入力する番号
設定される値
入力する値

Installation Destination
1
VBOX HARDDISK: 32 GiB (sda)
c

Autopartitioning Options
2
Use All Space
c

Partition Scheme Options
3
LVM
c

設定後に、元のメニュー構成の画面に戻る。


Kdumpの設定

メニュー構成の画面より、「6) Kdump」を選択して、以下の順番で設定する。

Kdumpを取得しても解析することはないので取得しない。

必要に応じて設定する。

設定項目
入力する番号
設定される値
入力する値

Enable kdump
1
[ 未選択 ]
c

設定後に、元のメニュー構成の画面に戻る。


ネットワークの設定

メニュー構成の画面より、「7) Network configuration」を選択して、以下の順番で設定する。

インターフェースの数だけ設定を行う。設定値は環境に応じて変更する。

設定項目
入力する番号
設定される値
入力する値

Set host name
1
特になし
hostname.domainname

Configure device enp0s3
2
特になし

IPv4 address
1
特になし
192.168.10.x

IPv4 netmask
2
特になし
255.255.255.0

IPv4 gateway
3
特になし
192.168.10.1

IPv6 address
4
特になし
ignore

Nameservers
2
特になし
DNS IP Address

Connect automatically after reboot
7
[ x ]

Apply configuration in Installer
8
[ x ]
c

設定後に「c」を入力して、元のメニュー構成の画面に戻る。


rootユーザーのパスワード設定

メニュー構成の画面より、「8) Root password」を選択して、以下の順番で選択する。

設定項目
入力する番号
設定される値
入力する値

Password:

特になし
password

Password (confirm):

特になし
password


ユーザーの設定

メニュー構成の画面より、「9) User creation」を選択して、以下の順番で選択する。

グループを明示的に指定できないため、ここではユーザーを作成しない。

設定項目
入力する番号
設定される値
入力する値

Create user

[ 未設定 ]
c


インストール開始

すべての項目で [!] が残っていないことを確認した上で、最後に、「b」キーを押下しインストールを開始する。

インストール完了後に、「Enter」キーを押下するとシステムが再起動され、インストールが完了する。


インストール直後に実施すること


管理者用のグループとユーザーの作成

rootアカウントでコンソールにログインし、以下のコマンドで管理者用のグループとユーザーを作成する。


グループの作成

groupadd -g 1000 group-name



作成したグループの確認

grep group-name /etc/group

<出力結果>
group-name:x:1000:



管理者ユーザーの作成、rootへ昇格可能なwheelグループに所属させる

useradd -u 1000 -g 1000 -G wheel -c "Comment" -m -s /bin/bash user-name



パスワードの設定

passwd user-name

<入出力結果>
Changing password for user-name.
New password:
Retype new password:
passwd: all authentication tokens updated successfully.



作成した管理者ユーザーの確認

grep user-name /etc/passwd

<出力結果>
user-name:x:1000:1000:Comment:/home/user-name:/bin/bash



日本語レイアウトのキーボードに変更

テキストベースのインストールの場合、キーボードの設定が「us」となっているため、日本語106キーボードに変更する。


「us」設定となっているキーボード設定を確認

localectl status

<出力結果>
System Locale: LANG=ja_JP.UTF8
VC Keymap: us
X11 Layout: us



設定可能な日本語キーボードの情報を表示

localectl list-keymaps | grep jp

<出力結果>
jp
jp-OADG109A
jp-dvorak
jp-kana86
jp106



日本語106キーボードに変更して、設定を再確認

localectl set-keymap jp106

localectl status

<出力結果>
System Locale: LANG=ja_JP.utf8
VC Keymap: jp106
X11 Layout: jp
X11 Model: jp106
X11 Options: terminate:ctrl_alt_bksp



次の手順

CentOS7 SELinuxの無効化手順

以上