Help us understand the problem. What is going on with this article?

A-Frame: aframe-star-system-componentの調査

前回のA-Frameで利用できるパーティクルコンポーネント調査から、aframe-star-system-component
の使い勝手が良さそうだとわかりました。
パーティクルを使いこなせるようになる為、コンポーネントの各プロパティがどのような意味を持つのか、詳しく見ていこうと思います。

color

スクリーンショット 2020-02-01 23.43.21.png
スター粒子の色
type: String
default: #FFF'
min: -
demo - color: red

色名、HEX、RGB、HSLが使えるようです。

radius

スクリーンショット 2020-02-01 23.45.18.png
内側の星球に球の中心からの距離
type: Number
default: 300
min: 0
demo - radius: 10

デフォルト値が300で結構遠くにあるので、10ぐらいまで近づけてみると、星に見えていたものがただの四角形でした。

depth

スクリーンショット 2020-02-01 23.46.07.png
内側の球と外球の間の距離
type: Number
default: 300
min: 0
demo - depth: 0, radius: 50

starSize

スクリーンショット 2020-02-01 23.48.34.png
個々の星の大きさ
type: Number
default: 1
min: 0
demo - starSize: 1, radius: 10
demo - starSize: 2, radius: 10

モジュールの説明ではプロパティ名はsizeと書かれていましたが、コードを見てみるとstarSizeでした。

count

スクリーンショット 2020-02-01 23.50.20.png
作成された総星の数
type: Number
default: 10000
min: 0
demo - count: 100;

100個程度だと、あるかないかわからないです。

texture

スクリーンショット 2020-02-01 23.51.06.png
スプライトは、個々の星に使用する(例:PNGイメージ)
type: Asset
default: -
min: -
demo - texture: image/compass.png; radius: 20; depth: 0;

jpn, png, svg, gifが使えました。
アルファチャンネルは有効ですが、画像同士が重なるとうまく抜けてないようです。

アニメーションgifを使ってみましたが、静止画になっていました

matsukatsu
フロントエンドに興味があるエンジニア
cloudpack
Amazon Web Services (AWS) の導入設計、環境構築、運用・保守をサポートするマネジドホスティングサービス
https://cloudpack.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした