search
LoginSignup
3

More than 1 year has passed since last update.

DataPortal: 新機能さかのぼり(行ごとに複数のメールアドレスでフィルタする)

DataPortalのまだ知らない使えそうな機能を求めて、新機能の一覧を遡ってみました。

行ごとに複数のメールアドレスでフィルタする

データの統合機能を使用して、多対多のメールフィルタを作成する方法を説明する記事を追加しました。

早速試してみます。

やること

今回は、アクセス制御リストを利用することで、管理者には全ての売り上げを開示し、店舗ごとの担当者にはその店舗の売り上げだけ開示するようなレポートを作成します。

ACL作成

スプレッドシートでアクセス制御リストを作成します。
ACL.png

データテーブル作成

スプレッドシートでデータテーブルを作成します。
Data.png

ACLとデータテーブルの混合データ作成

各スプレッドシートをデータソースとして取り込みます。
ACLはメールアドレスでフィルタします。
ACLテーブルメアドフィルタ.png
メアドフィルタ設定.png

ACLに対してデータテーブルを結合し、混合データを作成します。
ACL-Data.png

レポート作成

各データを表コンポーネントとしてレポートに配置します。
管理者アカウントには全ての店舗の売り上げが開示されました。
管理者画面.png

店舗担当者アカウントには自身が担当する店舗の売り上げのみ開示されました。
担当者画面.png

ついでに

データテーブルに対してACLを結合する混合データだと、メールアドレスフィルタが機能せず、担当者アカウントにも全てのデータが開示されてしまいました。
Data-ACL.png
担当者画面-data_acl.png

まとめ

閲覧権限を設定して、アカウントに応じて表示内容を切り替えられました。
とても有用な機能ですが、混合データの作り方には注意がいりそうです。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
3