grovepi

Grove Pi+のブロック図

RasPiにGroveモジュールを接続する定番商品、Grove Pi+。
PythonやNodeだけでなく、Scratch, Ruby, C#といった結構幅広い言語をサポートしていて、ちょっとビックリ。

どんな仕組みで動かしているのか気になったので、、、回路図を見てブロック図を書きました。

image.png

回路図

Grove Pi+ Wikiの下の方にあります。

image.png

ブロック図

image.png

気になる点

  • Groveコネクタは全て5V系。3.3V系は接続ダメ。
  • Groveコネクタのピン割当が変則な感じ。D2コネクタはD2,D3で、D3コネクタはD3,D4。
  • Groveコネクタ"SERIAL"はUART用途では使えないっぽい。Firmwareにコマンドが存在しない。
  • タイムクリティカル(シリアルRGB LEDとか)な処理はATMEGA328のFirmwareに実装。
  • DIO,AIはATMEGA328を経由。I2C,UARTはATMEGA328経由せず。(詳しくは回路図見てください)

参考