Help us understand the problem. What is going on with this article?

ライブラリの使い方

More than 1 year has passed since last update.

ライブラリを自分のプロジェクトで使う手順です。
ライブラリの作り方で作ったLibrary1を使用します。

プロジェクトを作る

新しいソリューションとライブラリを呼び出すアプリケーションのプロジェクトを作成します。
プロジェクトテンプレートはBlank Application for MT3620 RDBを選んでください。

ファイル > 新規作成 > プロジェクト
image.png

ライブラリのファイルをコピー

ライブラリのヘッダファイルとアーカイブファイルを、任意のフォルダにコピーしてください。
ここでは、ソリューションフォルダにlibフォルダを作って、そこにコピーしました。

image.png

プロジェクトからライブラリを参照

プロジェクトに、ライブラリへの参照を設定します。
これは、ヘッダファイルのフォルダ指定と、アーカイブファイル指定の2つをやる必要があります。

ヘッダファイルのフォルダ指定

プロジェクトのプロパティを開いて、Additional Include Directoriesにヘッダファイルのフォルダを追加します。

プロジェクト > プロパティ、 構成プロパティ > C/C++ > General > Additional Include Directories
image.png
image.png

絶対フォルダ名の代わりに、$(SolutionDir)マクロで指定しています。

アーカイブファイル指定

プロジェクトのプロパティを開いて、Additional Dependenciesにアーカイブファイルを追加します。

プロジェクト > プロパティ、 構成プロパティ > Linker > Input > Additional Dependencies
image.png
image.png

絶対フォルダ名の代わりに、$(SolutionDir)マクロで指定しています。

アプリケーションからライブラリを呼び出す

main.c(断片)
...
#include <Library1.h>
...
int main(int argc, char *argv[])
{
...
    // Main loop
    const struct timespec sleepTime = {1, 0};
    int val = 0;
    while (!terminationRequired) {
        Log_Debug("%d %d\n", val, pow2(val));
        val++;
        nanosleep(&sleepTime, NULL);
    }
...
}

実行結果

image.png

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away