Help us understand the problem. What is going on with this article?

git diff や git show で複数のエンコードのファイルを扱う

More than 1 year has passed since last update.

Shift-JIS のファイルの差分を見たくても、コンソールがUTF-8なので毎回文字化けして読めない。

diffのハイライトも表示したかったし、ページャも使いたかったから git diff <file> | nkf -w | pygmentize -l diff | less -R とかしてたけど、いちいち打つのがめんどくさいので普通の git diff で表示できるように設定したかった。

前提条件

  • どのファイルが Shift-JIS のテキストファイルであるか指定できる
  • 検証したのは Mac OS X

.gitattributes

.gitattributes に色々記述することで、ファイルにgit上の属性値をつけることができる。

.gitattributes
*.txt diff=sjis

*.txt を扱うときには diff=sjis がセットされるようになるので、 git config 内のキーとして使える。

git config diff.<driver>.textconv

diff=<driver> 属性が設定されたファイルに対してdiffを実行する前にテキスト化するコマンドを指定する、という設定項目。

有名なところだと docxxlsx などをテキスト化して差分を見るなどがあるが、今回はこれを文字コード変換に使ってみる。

$ git config diff.sjis.textconv "iconv -f sjis"

こうしておけばShift-JISのファイルを一度 iconv コマンドで文字コード変換してからdiffを取るようになる。
属性のついていないファイルはいつもどおりのdiffになるので、 git show などで複数のファイルが表示される時も安心。

参考

Git - Gitの属性

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした