baserCMS

[baserCMS]CPIサーバへのインストール留意点

More than 1 year has passed since last update.

通常状態のままインストールすると文字化け地獄に入るので以下に注意する。

DBがUTF8になったから気にしなくて良いです。

※数年前に契約したとか古いサーバだと注意(2017/07 時点)


php.ini を作成して以下に配置する(必須ではない)

■ /conf/php.ini

 → 公開側ドキュメントルート(/html/)の上の階層に設置する

 → /conf/ ディレクトリは必要であれば作成する


php.ini

post_max_size = 128M

upload_max_filesize = 100M

■ 以下は必要であれば追記


php.ini

register_globals = Off

magic_quotes_gpc = Off


php.ini

date.timezone = 'Asia/Tokyo'


※以下は、DBがUTF8になったので気にしなくて良いです。古いときは使いましょう。


php.ini

mbstring.language = Japanese

mbstring.internal_encoding = UTF-8
mbstring.http_input = pass
mbstring.http_output = pass
mbstring.input_encoding = pass
mbstring.output_encoding = pass
mbstring.substitute_character = none


.htaccess に追記する

■ /.htaccess と /app/webroot/.htaccess に追記する

Rewriteを有効にするには .htaccess に Options +FollowSymLinks を追記する必要があります。

※ Options +FollowSymLinks の記述がないと Internal Server Error で残念

AddHandler x-httpd-php5630 .php

suPHP_ConfigPath /usr/home/ACOUNT_NAME/conf/php.ini
Options +SymLinksIfOwnerMatch


マネージドプラン、CHMシリーズなどは記述する内容が変更

FollowSymLinksの記述だとInternal server error。

http://chmz.document.secure.jp/other/Tips-htaccess/

Options +FollowSymLinks

  ↓
Options +SymLinksIfOwnerMatch

※2015年9月以降に契約したCPI共有サーバーの場合は以下

Options +FollowSymLinks

■ PHPを5.3で動かしたい場合は以下を記載

※2015/06/22 時点: 利用できるphpのデフォルトは5.5.16です。

AddHandler x-httpd-php536 .php


MySQL:DBの文字コード照合順序を変更する

■ 必要であれば utf8_general_ci に変更する


インストール時

■ DBの接続先が「localhost」では繋がらない場合は以下に変更する

 → 127.0.0.1


パーミッション関連

■ index.html と index.php が共存している場合

 → index.html に対して 755 を与える

■ PHPファイル

 ・604 or 644

■ PHPファイルが含まれるディレクトリの場合

 ・705 or 755

※ 上記以外の場合は500エラー(Internal Server Error)となる


付随情報

以下はbaserCMSを利用する際に、併せて利用する場面が多そうなこと。


.htaccess によるSSLへのリダイレクト対応

CPIサーバでは RewriteCond %{HTTPS} なんとか が有効にならないため、ポート番号で判別する。

http://wataame.sumomo.ne.jp/archives/5121

# フォームへのアクセスを HTTPS へリダイレクト

RewriteCond %{SERVER_PORT} ^80
RewriteCond %{REQUEST_URI} ^(/contact/|/inquiry).*$
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R,L]


CPIでの html を php として実行する方法

AddHandler に拡張子を追記する。

AddHandler x-httpd-php5630 .php .html .htm

■ phpが5.5の場合 => 2015/06/22 時点: 未確認

■ phpが5.3の場合

AddHandler x-httpd-php536 .php .html .htm


Basic認証用パスワード生成

CPIではパスワードの暗号化形式が違うため、自分でパスワードを生成する。

Terminal を開いて以下のコマンドでパスワードを生成する。

$ htpasswd -nbm USER_NAME PASSWORD

<Files ~ "^\.(htaccess|htpasswd)$">

deny from all
</Files>
AuthUserFile /home/ACOUNT_NAME/html/.htpasswd
AuthGroupFile /dev/null
AuthName "Please enter your ID and password"
AuthType Basic
require valid-user
order deny,allow


※POINT

AuthUserFile に記載するパスは DOCUMENT_ROOT のパスに当たるが、頭の /usr は削除する