Help us understand the problem. What is going on with this article?

LOD として設定することで、パフォーマンスを改善できる Amplify Impostors [BETA] を使ってみた

Unity Asset でパフォーマンス改善系のものはいくつかあると思いますが、そのうちの一つの候補である Amplify Impostors [BETA] を使ってみました。

TL;DR

LOD の遠いところのオブジェクトに使用することで、劇的にパフォーマンスを改善できる可能性がある Asset です。

Amplify Impostors[BETA] とはどういう Asset?

この記事 の説明がとてもわかりやすいです。

複雑な3Dモデルを、ワンクリックで簡単ビルボード!
あらゆる角度からカメラで撮影してくれて、
どの角度から見ても大丈夫になる「だまし絵」のような3Dビルボード化エディタです。
image.png

実際に使ってみた

遠くからの見た目

こんな感じになりました。
右が Amplify Impostors [BETA] を使用したものです。しっかり見るとぼやっとしているのがわかりますよね。
とは言えある程度ごまかせるレベルでもあると思います。
image.png

こんな感じでシーンは作っています。
真ん中の赤い立方体が、デフォルトの Cube を赤くしたものなので、鳥居のサイズ感と距離が離れているのがわかるかと思います。
(実際の距離は以下写真参照、鳥居のサイズは近くからの見た目のところにあります)

image.png

影も出ます。上と同じシーンで、カメラの位置を高さ50mにして撮った感じです。
image.png

パフォーマンス

だまし絵という言葉通り、劇的な改善が見られます。

項目 使用前 使用後
Tris 3.6M 2.8k 0.08%
Verts 2.1M 5.8k 0.27%
SetPass calls 34 16 47.06%

補足(Statistics)

使用前

image.png

使用後

image.png

近くからの見た目

こちらが使用前です。近いところの銅鑼の模様などがはっきり鮮明に見えていることがわかります。

image.png

こちらが使用後です。近寄ってしまうとぼやぼやしているのがバレバレです。

image.png

シーンはこんな感じで作っています。cube の位置がそれぞれのカメラの位置です。
image.png

補足

鳥居は10m x 10m ぐらいのサイズです。
image.png

制限

2019/10/22 時点では、以下制限あります。そのためカスタムシェーダーの場合、そもそも使えない可能性もあります。

Technical Considerations
Currently, standard baking is only supported if the shader exposes a Deferred path, such as Unity Standard shaders. However, the Impostors created can be used in both Forward and Deferred modes.

まとめ

使用箇所を考えて使えばとても有用な Asset だと思います。

  • 使用すると劇的にパフォーマンスを改善できる可能性がある
  • 遠くのオブジェクトに使う分には有用なので、LOD で設定すると良い
  • 影もちゃんと出る
  • shader に制限がある
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした