Help us understand the problem. What is going on with this article?

無料で使える流体シミュレーションソフト5選

流体シミュレーション、楽しいですよね。(ん?急にどした?)
でもフルスクラッチするのは大変ですよね。(そりゃそうでしょうね。)
なので、ソフト自体の開発に携わる方々でない限り、ソフトを利用するケースが多いと思います。(そうなの?)
高度な技術を扱うツールなので、有料のものは高額ですし、個人では手が届かないですよね。(そうなんだ。)
でも、どうしても流体シミュレーションをやりたい!というそこのあなたの為に、無料で使える流体シミュレーションソフトを5つまとめてみました。(お、おう。。)
調べてみると、意外なソフトで使用できたりします。(ふーん。)
ただし、学生版や無料体験は除きます。(お、おう。。)

1.OpenFOAM

言わずと知れた流体シミュレーションの雄。
企業でも使われています。
ライセンスはGPLです。
URL:https://www.openfoam.com/

2.FrontFlow/blue

国産。
国を挙げて開発されています。
ちなみに乱流音場用はblueで、乱流燃焼用はredです。
URL:http://www.ciss.iis.u-tokyo.ac.jp/dl/

3.Flowsquare

こちらも国産。
上記と異なり、ごく少数の民間人によって開発されているみたいです。
URL:http://flowsquare.com/jp/

4.Blender

コンピュータグラフィックス(CG)ソフトで有名。
Blenderだけでなく、Unityでも流体解析はできます。
レンダリングエンジンによって本物と見間違うかのような、映像が作成できます。
粒子法の一種であるSPH法を使用しています。
ちなみに、OpenFOAMとFrontFlow/blueは、それぞれ有限体積法と有限要素法を用います。
URL:https://www.blender.org/download/

5.FEniCS

pythonやC++で開発可能。
ライセンスはLGPLです。
英語ですが、チュートリアルもあります。
公式/非公式は別として、たぶんFrontFlow/blue以外は、Tutorialはあります。
URL:https://fenicsproject.org/

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away