Help us understand the problem. What is going on with this article?

[Scratch3.0×micro:bit×ev3] micro:bitでev3を遠隔操作する

この記事はmicro:bitでev3を操作してみたい人のための記事です。
今回はスクラッチでプログラムをつくって、micro:bitでev3を遠隔操作してみます。
具体的には、micro:bitの2つのボタンでラジコン操作をします。

目次

0 . 用意するもの
1 . スクラッチとev3をつなげよう
2 . スクラッチとmicro:bitをつなげよう
3 . プログラムをつくろう

0.用意するもの

◯ パソコン(スクラッチ)
◯ ev3(モーターが2つあって前後に進めるものならなんでも)
◯ micro:bit
◯ micro:bitとパソコンをつなぐためのケーブル

tech15.jpg
tech2.JPG
tech6.png

1.パソコンとレゴをつなげよう

①サインインして"つくる"を押そう!

スクリーンショット 2020-06-14 14.49.53.png

②スクラッチリンクを実行しよう!

③bluetoothを有効にしよう!

④ev3の電源を入れよう

⑤タイトルを入力したら、拡張機能を選ぼう!

スクリーンショット 2020-06-14 14.50.05.png

   ↓
スクリーンショット 2020-06-14 18.28.10.png
   ↓
スクリーンショット 2020-06-14 18.28.15.png

⑥"接続する"を押そう!

スクリーンショット 2020-06-14 18.28.19.png

⑦右側のチェックマークを押そう!

スクリーンショット 2020-06-14 18.28.25.png

⑧エディターへいくを押そう!

スクリーンショット 2020-06-14 18.28.49.png

※もし下のようになったらスクラッチリンクとbluetoothを確認して"もう一度試す"を押そう!
スクリーンショット 2020-06-14 18.45.10.png

2.スクラッチとmicro:bitをつなげよう

下のリンクをみながらやってみてください!
micro:bit Lab

3.プログラムをつくろう

◯micro:bitが前に傾いている時に、ボタンAでモーターAを、 ボタンBでモーターBを動かすプログラム

 スクリーンショット 2020-06-14 19.14.14.png

◯同じボタン操作でもmicro:bitの傾きによって進行方向が 変わるプログラム

 スクリーンショット 2020-06-14 19.20.37.png

◯ボタンを押したときのタイヤの動きをmicro:bitに表示するプログラム

 スクリーンショット 2020-06-14 19.38.55.png

◯障害物に近づいたら強制的に緊急回避するプログラム  (ev3に超音波センサをつけて行う)

 スクリーンショット 2020-06-14 20.14.26.png

 

最後に 

ev3だけでなくスクラッチのキャラクターもボタン操作に応じて動くプログラム なども面白そうですね!
色々な操作をぜひやってみてください!!

より良い記事にしていきたいので、
 ◯こうした方がわかりやすい
 ◯ここがわかりにくい
 ◯ここが間違っている
 ◯ここをもっと説明して欲しい
などの御意見、ご指摘の程よろしくお願い致します。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした