Posted at

オレオレライブラリのMavenレポジトリをGithubに作ってしまう

More than 3 years have passed since last update.

Mavenセントラルに登録するほどでもなく、自前でMavenレポジトリを構築するほどでもない。そんなオレオレライブラリ達の置き場に困ることがよくある。

これまではjarごとバージョン管理対象にしてmvn install:install-fileしてね。なスタンスだったのだがGithub PagesをMavenレポジトリにすることができるらしいのでやってみた。


Github Pagesを作成する

Githubでレポジトリを作成。[ユーザー名].github.ioという名前にするとユーザーページができあがる。

適当な場所にクローンしておく。


pom.xml設定(オレオレライブラリ側)

オレオレライブラリのデプロイ先をGithub Pagesをクローンした場所にする。

<properties>

<github.repo.directory>/path/to/master-of-sugar.github.io/mvn-repo</github.repo.directory>
</properties>
<distributionManagement>
<repository>
<id>internal.repo</id>
<name>Local Github Pages</name>
<url>file://${github.repo.directory}</url>
</repository>
</distributionManagement>


デプロイする

mvn deploy

pom.xmlで指定したGithub Pagesのクローンディレクトリに配置される。


Mavenレポジトリ(Github Pages)に登録する

普通にGithub Pagesにpushするだけ。

git push origin master


pom.xml設定(使う側)

オレオレライブラリの取得元であるGithub Pagesを登録する。

<repositories>

<repository>
<id>github</id>
<url>http://master-of-sugar.github.io/mvn-repo/</url>
</repository>
</repositories>

これでmvn install:install-fileしなくても使える。わー簡単。