LoginSignup
0

More than 3 years have passed since last update.

SONiCでVLANを使う

Last updated at Posted at 2020-12-01

はじめに

久しく公開記事を書いていなかったので、リハビリを兼ねてSONiCにおけるVLANの設定方法を解説します。

VLANの基礎

VLANの基本機能

L2セグメントを分割するのがVLANの基本機能です。

8ポートのスイッチングHUBを思い浮かべてください。8つのポートがそれぞれと通信できます。これをたとえば、1〜4と5〜8の2つに分割して、4ポートのスイッチングHUBが2台あるのと同じような振る舞いにできます。

上記の例のとおり、複数の物理ポートをまたいだL2セグメントとして機能します。

VLAN ID

IDを付与してVLANを区別します。

  • デフォルトのVLANは1
  • デフォルト以外のVLANを作成するときは2〜4094のIDを割り当てます。

ポートVLANとタグVLAN

ポートVLANとタグVLANがあります。

これまで例に挙げてきた、複数ポートを束ねるだけのVLANがポートVLANです。これに対して、通信パケットのヘッダにタグを付与することで、同一ポートにおいて複数のVLANの通信を可能とするものがタグVLANです。

L3通信はどうなる?

L3通信がサポートされている場合、VLANインタフェースが作成されます。VLANインタフェースにIPアドレスを付与することで、router interfaceとして利用することができます。

SONiCでのVLAN

ざっくり下記のような制約があります。

  • インタフェース名は常にVlan + ID。(例: Vlan1001)
    • JSONで命名規則に沿わない名前を指定すると、VLAN作成に失敗します
  • VLAN対象となった物理インタフェースはtrunkとなり、物理インタフェースに対してIPアドレス設定などはできなくなります
  • 逆に、すでにIPアドレスが付与されている物理インタフェースをVLAN対象にすることは出来ません
  • 似て非なるインタフェースとしてサブインタフェースが存在するが、ここでは触れません

設定

下記では、次のような設定でVLANを作成しています。
- VLAN ID: 1001
- 対象物理ポートはEthernet0 (タグVLAN)、Ethernet4 (ポートVLAN)
- VLANインタフェースにIPアドレス 10.0.0.1/24を付与

CLI

sudo config vlan add 1001
sudo config vlan member add 1001 Ethernet0
sudo config vlan member add --untagged 1001 Ethernet4
sudo config interface ip add Vlan1001 10.0.0.1/24

JSON

{
    "VLAN": {
        "Vlan1001": {
            "vlanid": "1001"
        }
    },
    "VLAN_MEMBER": {
        "Vlan1001|Ethernet0": {
            "taggineg_mode": "tagged"
        },
        "Vlan1001|Ethernet4": {
            "taggineg_mode": "untagged"
        }
    },
    "VLAN_INTERFACE": {
        "Vlan1001|10.0.0.1/24": {},
        "Vlan1001": {}
    }
}

状態参照

$ show vlan config
Name        VID  Member     Mode
--------  -----  ---------  ------
Vlan1001   1001  Ethernet0  tagged
Vlan1001   1001  Ethernet4  untagged
$ show vlan brief
+-----------+--------------+-----------+----------------+-----------------------+-------------+
|   VLAN ID | IP Address   | Ports     | Port Tagging   | DHCP Helper Address   | Proxy ARP   |
+===========+==============+===========+================+=======================+=============+
|      1001 | 10.0.0.1/24  | Ethernet0 | tagged         |                       | disabled    |
|           |              | Ethernet4 | untagged       |                       +-----------+--------------+-----------+----------------+-----------------------+-------------+
$ show ip interfaces
Interface    Master    IPv4 address/mask    Admin/Oper    BGP Neighbor    Neighbor IP
-----------  --------  -------------------  ------------  --------------  -------------
Vlan1001               10.0.0.1/24          up/up         N/A             N/A
docker0                240.127.1.1/24       up/down       N/A             N/A
eth0                   192.168.1.121/24     up/up         N/A             N/A
lo                     127.0.0.1/16         up/up         N/A             N/A
$ show interfaces status Ethernet0
  Interface        Lanes    Speed    MTU    FEC         Alias    Vlan    Oper    Admin    Type    Asym PFC
-----------  -----------  -------  -----  -----  ------------  ------  ------  -------  ------  ----------
  Ethernet0  25,26,27,28      40G   9100    N/A  fortyGigE0/0   trunk      up       up     N/A         N/A
$ show interfaces status Ethernet4
  Interface        Lanes    Speed    MTU    FEC         Alias    Vlan    Oper    Admin    Type    Asym PFC
-----------  -----------  -------  -----  -----  ------------  ------  ------  -------  ------  ----------
  Ethernet4  29,30,31,32      40G   9100    N/A  fortyGigE0/4   trunk    down       up     N/A         N/A

注意点

将来解決されるかもしれませんが現時点では、VLANインタフェースをVRFに割り当てると、SONiCホストあてのIPパケットを受信できないようです。SONiC-VSでも同じ症状だったため、ASIC設定に連動するLinux側の設定に問題があるものと思われます。ご注意ください。

おそらくサブインタフェースでは問題なく動作するものと思われますが、使用するハードウェアによってはSONiCでのサブインタフェースのサポートがないため、合わせてご注意ください。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
0