Edited at

validateとverifyの使い分け

More than 3 years have passed since last update.


validateとverifyの使い分け


  • 確認する、検証する、チェックする


Validate


Validation is the assurance that a product, service, or system meets the needs of the customer and other identified stakeholders. It often involves acceptance and suitability with external customers.



  • Validationは、プロダクト、サービス、システムなどが顧客や特定のステークホルダーのニーズを満たしているということを確認すること。外部顧客による受け入れと適合性に関連することが多い。



  • そのものが妥当であるか適切であるか、有効であるか確認する際に用いる。


    • 入力データをvalidationして、無効でないデータであることを確認する。



  • function validate_input_data()



Verify


Verification is The evaluation of whether or not a product, service, or system complies with a regulation requirement, specification, or imposed condition. It is often an internal process.



  • Verificationは、プロダクト、サービス、システムなどが規制、要求、仕様、指定された条件などに適合しているかどうかを評価するプロセス。内部プロセスである場合が多い。



  • 何らかの処理をした結果について検証する際に用いる。


    • CDやDVDへの書き込み、バックアップ後にverificationして、エラーなく完了しているか検証する。



  • function verify_calculation_results()