モニター
MacBook
pro
外付け
アクリルケース

秋月電子 SHARP 6インチ高精細CGシリコン液晶パネルセットをMacで使う

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

秋月電子 SHARP 6インチ高精細CGシリコン液晶パネルセットをMacでも使用したいと思いHDMIケーブルをつないだところ、紫がかった画面になりました。

スクリーンショット 2017-07-15 15.20.43.png

使用環境

  • macOS Sierra 10.12.5
  • MacBook Pro (Retina, 15-inch, Late 2013)
  • 2.6 GHz Intel Core i7
  • 16 GB 1600 MHz DDR3

使用したい機材

原因

MacのHDMI出力の色空間がYCbCrとなっているのが問題。HDMIの出力をRGB(モニターの設定)に切り替えます。

処置

  • SIPの無効化
  • patch-edid.rbの入手と実行
  • 設定ファイルをコピー
  • 確認

SIPの無効化

この辺りを参考に(自己責任にて)

https://www.igeeksblog.com/how-to-disable-system-integrity-protection-on-mac/

無効化の確認の方法は以下のとおり。

% csrutil status
System Integrity Protection status: disabled.

必要な設定

patch-edid.rbをダウンロードして実行

スクリーンショット 2017-07-15 15.27.02.png

https://embdev.net/topic/284710#3027030

ここでは、ホームディレクトリに保存

% cd ~
% ruby patch-edid.rb
% cd /System/Library/Displays/Contents/Resources/Overrides
% sudo mv ~/DisplayVendorID-3354 ./

再接続

HDMIケーブルを抜いて挿して問題ないことを確認。

この液晶パネルは、電源を入れてからしばらく待って(8秒くらい)映像を入力する必要があるようです。
(背面の緑色のLEDが点滅していれば大丈夫)

スクリーンショット-2017-07-15-15.35.00.jpg

おまけ

この液晶パネルのシリーズは、発売されて間もないためケースが用意されていません。

お店の方に確認したところ、7.9インチのケースは試作品を製作中で、6インチのケースは未定(6月中旬くらいに確認)とのことでしたので、アクリルパネルを加工して作成してみました。

illustratorにて図面を起こし、カインズ工房のレーザー加工サービスを利用して加工しました。
45分で作業可能でした。

仕上がりはこのような感じ、改善の余地はあるものの個人で使うには十分です。

レーザー加工機サービス
https://www.cainz.co.jp/diy_style/factory/

図面に興味がある方がおられましたら、その旨をカキコミ下さい。
アップロードを検討します。

8L9A7521.jpg
前面の様子

8L9A7519.jpg
背面はコチラ

8L9A7525.jpg
ハードコートアクリルパネルを重ねて作製しております。
四隅は、アルバム用の留め金具を使用

6インチ液晶パネル自体に不満はないのですが、Raspberry Pi 3で使用する際にランドスケープが1920×1440となるのがイマイチ
ま、知った上で買ったのですが…