Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

【駆け出しWEBエンジニアのためのメモ】オススメサイトと検索方法(Google,Railsなど)

More than 1 year has passed since last update.

背景

最近、10年のブランクをへてプログラムを猛勉強中でして、特に未経験のWEBプログラミング(Rails)に挑戦しております!

やはりわからないことが多すぎて大変です^^;
聞ける人が周りにたくさんいるわけではないので、そんな時はネットで調べる必要がありますよね。

ただ、ネットには情報が溢れてますし、どの情報を参照すれば良いのか、またどのように取り出せば良いのか困ることもしばしば。

そんな中、信用度の高いオススメの情報源・WEBサイトや、知っておくと便利な検索方法について学びましたので、備忘のため、こちらにメモしておきます(TECH::EXPERTでの学びを参考にしております)。
※他にも見つけたら随時更新させていただきます。

オススメのWEBサイト(Railsなど)

● Qiita(キータ):https://qiita.com/
本記事も掲載させていただいてる、こちらのサイトですね。
日本発の日本で最も有名なプログラマの技術情報共有コミュニティと言われております。
日本語で検索しやすいのが良いですね。
気に入った記事はストックしていつでも見れますし、熱心な方も多いので、間違っている情報があれば指摘しあって質を高めあっております。
現在はユーザー数約250万人、日々の投稿数約200件、これまでに投稿された記事数17万件だそうです、すごい!

● Stack Overflow(スタック オーバーフロー):https://stackoverflow.com/
世界で最も活用されるエンジニア専門のQ&Aサービスと言われております。
ほとんどが英語のページになりますが、技術的な問題に対する回答が最も多く集まっております。
現在は700万もの記事をまとめているそうで、日本からの利用者も60万人を超えているそうです。
日本からのアクセスも多いことから日本語版も用意されております(https://ja.stackoverflow.com/ )。

● Railsガイド:https://guides.rubyonrails.org/
Railsの解説をまとめたものになります。
更新頻度もそれなりに早いそうですので、最新の一次ソースを得ることができます。
こちらも日本語版がございます(https://railsguides.jp/ )。

便利な検索方法(Google)

● マイナス検索
検索キーワードの頭に「-」をつけることで、そのキーワードを除外できる。

● フレーズ検索
検索キーワードを「" "」で囲むことで、検索キーワードと完全一致の情報を検索できる。

● 期間指定(検索ツール)
「1年以内指定」などに設定することで、最新記事を見つけやすくなる。

● 複数キーワードでの検索
情報のヒット率をあげるためです。
検索キーワードを4つにしたり、「とは」を併記するのもコツだそうです。

● 英語での検索
英語の方が情報が多いそうです。例えば、「devise ログインURL 変える方法」で検索すると約6700件であったのに対し、「how to change devise login url」で検索すると約60万件だったそうです(TECH::EXPERTでの学びを引用させていただきました)。圧倒的!
 
 
以上です。

masayan-06
【本ブログの目的】 30代で未経験からスタートし、WEBサイト制作やアプリ開発などを行なっております。本ブログでは学んだ知識の共有、自分の備忘の為にはじめました。私自身が最近学び始めた初学者ですので、似た境遇の方は特に参考になるのではと。共に成長できれば。諸先輩方とも交流を深められると幸いです。よろしくお願いします^^
https://mss-labo.com/home/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away