Edited at

AzureML packageを使ってみようと思ったら、401出ちゃった時の対応

More than 3 years have passed since last update.


前置き


AzureMLってそもそも何よ?

AzureMLへのインタフェースとして動く便利なパッケージです。

対象はexperiments, datasets, webservice

現在カバーしてる機能は次の4つ


  • Workspaceへの接続と管理

  • Datasetsをアップロード/ダウンロード

  • 独自関数やモデル学習を定義してウェブサービスとして公開

  • 公開しているウェブサービスを利用する

※執筆時のバージョンは0.2.10


インストール

最新版は、githubから落として来るのが良さ気です。

if(!require("devtools")) install.packages("devtools")

devtools::install_github("RevolutionAnalytics/AzureML")

CRANにも上がっているので

R

install.packages("AzureML")



でもインストールは可能です。


401エラーとその解決方法

チュートリアルの手順を写経して、動作を確認してみようとおもって、workspace()を使ったところ...

ws <- workspace(id="xxxxxx", 

auth="xxxxxx")

Error: 401 (Unauthorised).  Please check your workspace ID and auth codes.

Request ID: 24f62e72-cc87-4668-a224-cfd61f3e9326 2016-03-10 04:38:08Z

えー… ここでつまづかなきゃいけないって…

ソースを眺めてみたところ、api_endpointにasiasoutheastを使うと明示しなきゃダメらしいです。

※今回、接続しようとしたworkspaceはasiasoutheastのリージョンで用意していました。

つまり、workspace()の引数は次のようにしなきゃダメってことです。

ws <- workspace(id = "xxxxxx", 

auth = "xxxxxx",
api_endpoint = "https://asiasoutheast.studio.azureml.net/")

これで、RからAzureMLをいろいろ弄る事ができるようになります。

ENJOY!!