Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
6
Help us understand the problem. What is going on with this article?

More than 5 years have passed since last update.

@masato

ArduinoをEthernetでWR702Nモバイルルーターに接続してRESTクライアントにする

Arduino Uno用のEthernetシールドにWiznet W5100 チップを搭載したW5100が安く買えました。セットアップしたWR702Nモバイルルーターと一緒に使いArduinoをRESTクライアントとして使うサンプルを書いてみます。Ethernet libraryを使ったサンプルはたくさん見つかるのでArduinoをネットワーク接続する勉強にはちょうど良いです。

MACアドレスの生成

W5100にはMACアドレスが付いていません。ArduinoのスケッチではMACアドレスを指定する必要があるため別途用意します。
Random MAC address generator for Arduino Ethernet Shield (static MAC generator)の記事にhttps://ssl.crox.net/arduinomacというMACアドレスを生成してくれるサイトの紹介がありました。以下のようにMACアドレスを生成してコードのサンプルまで書いてくれます。

// 90:A2:DA:89:C8:50
// MAC address generated by https://ssl.crox.net/arduinomac/
// see http://blog.crox.net/archives/91-MAC-generator.html

byte mac[6] = { 0x90, 0xA2, 0xDA, 0x89, 0xC8, 0x50 };

HTTPクライアントライブラリ

Arduino用のHTTPクライアントライブラリはいくつか見つかりました。

REST APIを実行することが主な用途のためcsquared/arduino-restclientを使うことにします。

csquared/arduino-restclient

ライブラリをリポジトリからlibrariesディレクトリにgit cloneします。

$ cd ~/Documents/Arduino/libraries
$ git clone https://github.com/csquared/arduino-restclient.git RestClient

arduino-restclientのリポジトリにあるsimple_GET.inoを例にしてMeshbluからstatusを取得するスケッチを書きます。

~/Documents/Arduino/MesubluStatus/MesubluStatus.ino
#include <Ethernet.h>
#include <SPI.h>
#include "RestClient.h"

RestClient client = RestClient("meshblu.octoblu.com");

void setup() {
  Serial.begin(9600);
  byte mac[6] = { 0x90, 0xA2, 0xDA, 0x11, 0x34, 0x7E };
  Ethernet.begin(mac);
  Serial.println("Setup!");
  String response;
  int statusCode = client.get("/status", &response);
  Serial.println(response);
}

void loop() {
}

コンパイルしてArduinoに書き込みます。シリアルモニタを実行するとMesubluのステータスを取得します。

Setup!
{"meshblu":"online"}

mesublu-status.png

6
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
6
Help us understand the problem. What is going on with this article?