Edited at

BuffaloのLS-VLにdebian busterをインストールして、nfsサーバーとして活用する


これはなに


  • Buffalo の NAS に debian をクリーンインストールして、いろんなサーバとして使う

  • 個人的な目的は、nfs が使えるファイルサーバ。nfs と cifs 両方で使えるようにする

  • raspberry pi から nfs をマウント出来るようにする。cifs マウントでもいいけど

  • 理由は、nfs のほうがかっこいいから!

  • こんなやつ。持ってない人は中古はいかがでしょうか

引用 https://buffalonas.m.miraheze.org/wiki/Linkstation_LS-VL

Specs

Linkstation LS-VL

CPU 1.6 GHz ARMv5 (Marvell 88F6282)

Memory 256MB DDR3

Bays 1

Network 1x 10/100/1000 Mbps (Marvell 88E1518)

Sata 1x SATA II

NAND Flash None

SPI Flash 512KB

USB 2.0 1x Rear

USB 3.0 None

Fan Yes

Power 12V 2A


LS-VLにdebian busterをインストール

こちらの記事がとても丁寧で分かりやすい。付け加えることが何もない。

https://wv4short.com/installing_debian_9_to_linkstation_ls-xhl_ls-vl_part1/

今回は正式リリース直前の buster をインストールした。


sudo がない

sudoって、debianをクリーンインストールすると、最初はないんだ・・・

su

apt install sudo
nano /etc/sudoers

sudoers にも追加しないと、user で sudo が使えません。

当たり前なんだろうけど、初めてやったかも。


nfs サーバーを構築し、raspberry pi でマウントする

こちらの素晴らしい記事を参考にさせていただいた。付け加えることが何もない。

https://qiita.com/tukiyo3/items/c4dfd6a12bf3255ddc78


おまかん

私の環境では、2台のラズパイのうち1台で /etc/fstab での nfs マウントに失敗した。

理由は不明、失敗したのはラズパイ3B、うまくいくのは2B。どちらもraspbianで、起動時の設定をいじった覚えはない。

くやしいが対症療法となった。/etc/rc.local の最後、exit 0 の前に sleep 10 , sudo mount -aを追加して対処した。

nano /etc/rc.local

sleep 10

sudo mount -a

exit 0

かっこ悪い・・・・