Edited at

Raspberry pi 3 に Windows on ARM(WoA) をインストールしてみた(起動しました)


Raspberry pi 3 に Windows on ARM(WoA) をインストール


0.追記:感想

 使ってみて。実用的とかそういう方向性ではない。

 ただ、raspberry piでフルスペックのwindowsが、間違いなく動くことに、ある種の感動を覚えた。もともとwindowsは、アーキテクチャ依存ではない、ということは理解しているつもり。それでも、intel(AMD)以外で、実用的に普及するのはARM64が初めてだろう。

 持ち歩きが可能なほど軽量で、十分な性能があり、インターネットに常につながっている。バッテリーも十分な時間、持続する。そういうノートPCやタブレットが、遠からず登場する。そのことを、実感を伴って確信することができた。


0.アップデート2019.02.23


  1. windowsのビルド1803で、以下の手順通りで起動成功しました。

    rpi3b.png


  2. アプリのWOA Deployer for Raspberry Pi 3 は、ver2.0 にアップデートされています。

    私の環境では、起動ドライブも表示されるようになってしまいました。操作ミスが怖いですね。

    私はこのバージョンは、まだ試していません。

    image.png



WoA Installer for Raspberry Pi 3 でSDカードにインストールする


【本編】全体の流れ


  1. 全体の流れはこのページのとおり
    https://github.com/WOA-Project/WOA-Deployer-Rpi


WoAの作成


  1. まず、WoAのisoイメージを作成するためのスクリプトをダウンロードする。以下のとおり。

    https://github.com/WOA-Project/WoA-Installer-Rpi/blob/master/Docs/GettingWoA.md

    image.png


  2. ダウンロードしたcreatingISO_17763.292_ja-jp_arm64_Professional.cmdを実行すると、

    17763.292.190115-1726.RS5_RELEASE_SVC_PROD2_CLIENTPRO_OEMRET_A64FRE_JA-JP.ISO

    が作成される。



  3. .ISOをダブルクリックしてマウントしておく。

    が作成される。


    WINDOWS ON ARM INSTALLER FOR RASPBERRY PI の準備



1.ここからダウンロードする。.zipを解凍して実行する。

image.png

2.コアパッケージをここからダウンロードしておく。

3.インストーラーのAdvancedから、

image.png

コアパッケージを読み込む

image.png

4. Windows deploymentに戻る

image.png

5. 書き込むドライブと、.wimファイル(さっきisoをマウントしたなか)を指定する。image.png

6. 約30分でマイクロSDカードが完成する

image.png

7.ラズベリーパイ起動時の操作手順が表示されるimage.png


Raspeberry pi をWoAで起動する


  1. 先ほどの手順通り、起動する。

  2. 約30分後に、ブルースクリーンから自動的に再起動する。

  3. 更に10分後に、もう一度ブルースクリーンから自動的に再起動する。

  4. 数分後、キーボードの選択画面になる。つまり、約1時間放っておけばよい。

  5. キーボードの選択画面で、USBキーボードもマウスも認識せず、先に進めません。\(^o^)/オワタ


どなたか続きをお願いします。