Debian
RaspberryPi
nanopineo
orangepi
nextcloud

nextcloudpi で早い安いうまい自宅クラウドストレージを作成


結論

nextcloudpi で、簡単に自宅にクラウドストレージが設置できる。


  • 早い


    • 作業時間1時間



  • 安い


    • テラバイト級、ギガビットイーサネット接続のストレージを、ハードの初期費用1万円ほど1で構築できる



  • うまい


    • 自宅サーバなので、利用方法に制限がない




必要なもの


  • RaspberryPI その他のシングルボードコンピュータ

  • debian系のOS (raspbian、armbian)を入れた起動用マイクロSDカード

  • USB記憶装置(HDD,SSD何でもよい)


手順の概要


  • RaspberryPi やその他のシングルボードコンピュータと、USBハードディスクをつないでおく

  • raspbianまたはarmbianをインストール

  • nextcloudpiインストールコマンドを実行

  • 設定パネルから保存先をUSB記憶装置に変更。必要に応じてポートフォワードやVPNを設定

  • クライアントソフトをインストール


nextcloudとは

nextcloudとは、Google Drive や Dropboxのようなクラウドストレージを、自分で設置できるオープンソースソフトウェアです。

公式サイトはhttps://ownyourbits.com/ です。

高機能で魅力的なのですが、OSのLinux、WebサーバーのApache、データベースのMySQL、プログラミングのPHPなど(LAMP環境)が必要で、私には正直ハードルが高いです。


nextcloudpiとは

nextcloudインストーラと設定環境です。(なのかな?)

https://ownyourbits.com/nextcloudpi/

で配布されています。

すべてのアーキテクチャのdebian、仮想マシンや docker、raspberry pi 2 & 3 などをサポートし、スクリプト一発でインストールしてくれます。


nextcloudpiのインストール

FriendlyElecnanopineo2上のarmbianにインストールして、自宅ストレージとしていました。

今回、バックアップとして、Shenzhen Xunlong SoftwareOrange Pi PC 2にインストールします。こちらも、OSはarmbianです。

ところが、ここ最近不具合なのか?

image.png

肝心のスクリプトが空欄になってしまっている。早く直してください、公式さん…

公式サイトが直っていました。記載の通りにインストールします。

image.png

# curl -sSL https://raw.githubusercontent.com/nextcloud/nextcloudpi/master/install.sh | bash

30分くらいかかる。できた!

image.png


webuiを有効にする

sshで接続し、ncp-config を sudo で実行します。

CONFIG -> nc-webui (一番下) と進み、初期値 "no" -> "yes" にします。

image.png

image.png

image.png

すると web からの設定パネルが有効になるので、https://192.168.xxx.xxx:4443 からアクセスし、各種設定を行えます。

同じ設定を ncp-config からも行えますが、webui のほうが操作性が良いです。

image.png


機能

データや設定のバックアップ、スナップショット、USBストレージへの保存、各種ダイナミックDNS、let's encrypt、windows共有(samba)、nextcloud上で動くアプリなどがあります。


クライアントソフト

ここから、ダウンロードできます。windows,mac,Linux,android,iOS各種対応です。





  1. 1TB2.5インチハードディスク約5,000円、orange pi pc2送料込みで約4,000円、ハードディスクケース、起動用マイクロSDカード約1,000円の場合