Help us understand the problem. What is going on with this article?

パソコン自作してUbuntuインストールからchainerインストールまでの流れ

More than 3 years have passed since last update.

GTX1070搭載のパソコンを自作した後、Ubuntu14.04をインストールして諸々設定した際のメモ。

スペック:
CPU:Corei7 6700K
GPU:GTX1070
SSD:240GB
HDD:1TB
マザーボード:ASUS H170-pro
など

Ubuntuが立ち上がるまでの問題点

問題点1:Ubuntu14.04をインストールしても立ち上がらない
→BIOSの設定でBOOT項目のOSなんちゃらをWindowsからその他OSとすることで対応

問題点2:HDDをGPartedを使って設定したところ、再起動したら立ち上がらなくなった
→USB入れて再インストールすると、普通にHDDを認識していた。

Ubuntuが立ち上がって以降

以下、Ubuntuが立ち上がるようになって以降。

defaultでpython 2.7.6がインストールされているよう
まずchainerのホームページを参考にg++とpython-pipをインストール

sudo apt-get install g++
sudo apt-get install python-pip

次にここのサイトを参考にchainerの依存ライブラリをインストールしていく
http://qiita.com/manjiroukeigo/items/7399a303530f7ba1a79f

sudo apt-get install python-numpy
sudo apt-get install libhdf5-dev
sudo pip install -U setuptools

までうまくいったが、cythonをインストールすべく

sudo pip install -U cython

とすると、Python.hがない、と出た。このサイト
http://zashikiro.hateblo.jp/entry/2012/10/02/130031
を参考にpython-devをインストールした後に

sudo apt-get install python2.7-dev

再度、インストール。今度は
Could not find .egg-info directory in install record for cython
と表示されるが、一応
Successfully installed cython
と出てるので、先に進む。

GTX1070用のドライバをインストール

GTX1070&CUDA7.5に関しては、1周間程度格闘していろんなサイトの手法を真似てみたが、うまくいかず。結局、chainerの利用はあきらめ、CUDA8.0をインストールすることに決定。
ここのサイト
https://cvdreamer.wordpress.com/2016/07/24/gtx-1070-cuda-cudnn-caffe-on-ubuntu-14-04/
を参考に、GTX用ドライバをインストールする。
他のサイトと違って仮想コンソールにいってX windowを消せ!など書かれていないのが気がかりだが・・・
冒頭でFirst of all, I need to change bios to login Ubuntu using integrated graphic card (not GTX 1070), otherwise, there will be “out of range” error on the display (basically, display is black while you are logging in).と書かれているが、とりあえず無視する。
まずは既存のNVIDIAのドライバを除去

sudo apt-get purge nvidia*

367ドライバはPPAから入手する

sudo add-apt-repository ppa:graphics-drivers/ppa
sudo apt-get update
sudo apt-get install nvidia-367

再起動した後、

nvidia-smi

と入力すると、それらしき表示が出てきた。ドライバのインストールはうまくいったか?

CUDA8.0をインストール

まず既存のCUDAパッケージの除去。

sudo apt-get purge cuda*

次にNVIDIAのサイトからCUDA8.0用のパッケージをダウンロードしてくる。
そしてインストール。

chmod +x cuda_8.0.27_linux.run
sudo ./cuda_8.0.27_linux.run

この時、graphic card driverはインストールするか?の質問にNoと答える。
viで/etc/profileなどを開いて、CUDAへのパスを追加

export PATH=/usr/local/cuda-8.0/bin${PATH:+:${PATH}}
export LD_LIBRARY_PATH=/usr/local/cuda-8.0/lib64${LD_LIBRARY_PATH:+:${LD_LIBRARY_PATH}}

この時、以下のようなWarningが表示された。

***WARNING: Incomplete installation! This installation did not install the CUDA Driver. A driver of version at least 361.00 is required for CUDA 8.0 functionality to work.
To install the driver using this installer, run the following command, replacing <CudaInstaller> with the name of this run file: sudo <CudaInstaller>.run -silent -driver

この表示を「ドライバの問題でインストールできなかった」と勘違いしてしまい右往左往したが、chainerをインストールしてみるとCUDAを利用できていた。

cuDNNのインストール

やはりこのサイト
https://cvdreamer.wordpress.com/2016/07/24/gtx-1070-cuda-cudnn-caffe-on-ubuntu-14-04/
もしくはより詳細なこのサイト
http://robotics4society.com/2016/06/15/ubuntu1604-caffe/
の支持に従ってパッケージをダウンロード&インストールする。
ダウンロードしたパッケージをCUDAのPATHに持ってきて、

tar -zxf cudnn-8.0-linux-x64-v5.0-ga.tgz
sudo cp lib64/libcudnn* /usr/local/cuda/lib64/
sudo cp include/cudnn.h /usr/local/cuda/include

でインストール完了。chainerをインストールすると、確かにcuDNNが利用できている。

masataka46
株式会社ウェブファーマー代表。 人工知能の開発。人工知能のコンサルティング。 2006年に株式投資を始め、8年で資産を75倍にする。 情報処理学会、電子情報通信学会、人工知能学会所属。
http://web-farmer.net
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした