Edited at

LISの環境を構築する

More than 3 years have passed since last update.

これまで自作パソコンにubuntu14.04をインストールし、CUDAやchainerを入れ、

http://qiita.com/masataka46/items/94417a5974dba810e7b8

DQNを使えるよう、もろもろのパッケージをインストールした。

http://qiita.com/masataka46/items/fddef236cb211ef3f145

今回は、ドワンゴさん提供のLIS(Life In Silico)

https://github.com/wbap/lis

を構築する。


Ubuntu用Unityをインストールする。

wget http://download.unity3d.com/download_unity/linux/unity-editor-installer-5.3.4f1+20160317.sh

sudo sh unity-editor-installer-5.3.4f1+20160317.sh

pythonモジュールをインストールする。

cd project_dir

git clone https://github.com/wbap/lis.git
sudo pip install -r python-agent/requirements.txt

次に、curlを使うのでまずそれをインストールした後、カフェモデルをダウンロードする。

sudo apt-get install curl

./fetch.sh

いよいよ試運転する。まずpythonモジュールをサーバーとして稼働させる。

cd python-agent

python server.py

次にクライアントのUnity側を稼働させる。

./unity-editor-5.3.4f1/Editor/Unity

ここで「libpq.so.5がない」というエラーが出た。

ネットで調べると、PostgreSQLというものが必要なようだ。そこで

sudo apt-get -y install postgresql-9.3

とした後に再度

./unity-editor-5.3.4f1/Editor/Unity

とすると、今度はUnityの立ち上がりの時の画面が出た直後、応答がなくなり黒くなった。そこで、UnityのHPでしらべたところ、こちら

http://docs.unity3d.com/ja/current/Manual/TroubleShootingEditor.html

にネイティブでないドライブなどにインストールした場合、起動しないことがある、などと書かれているので、UbuntuをインストールしているSSD(ホームディレクトリ)にインストールしなおしてみる。

そうすると、今度はUnityのウインドウに続いて「resent」のウインドウが立ち上がったが、そのまま固まってしまった。

ここで改めて

sudo apt-get -y install postgresql-9.3

してから

./unity-editor-5.3.4f1/Editor/Unity

としても、やっぱりダメ。更に探していると、UnityのCommunityで同様の症状を発見した。

http://forum.unity3d.com/threads/starting-into-black-recent-screen.384332/

ここに従って、以下のものをインストールしてみる。

sudo apt-get install npm

すると、ようやく立ち上がった。