JavaScript
YARN
accounting-js

accounting-jsって何?

accounting.js

通貨、通貨フォーマットを提供してくれるライブラリ。

使い方は読みこむだけ。

<script src="path/to/accounting.js"></script>

<script type="text/javascript">
    // Library ready to use:
    accounting.formatMoney(5318008);
</script>

できること

  • カスタム出力形式
  • 数値の解析/非フォーマット
  • 簡単なローカライゼーション
  • スプレッドシート形式の列書式設定(行の記号と小数点以下の桁数の設定)

ライブラリメソッドの一部

formatMoney() - 任意の数値を通貨にフォーマットする

  //デフォルトの使用法:
 accounting.formatMoney(12345678);  // $ 12,345,678.00

 //ヨーロッパの書式設定(カスタムシンボルとセパレータ)では、optionsオブジェクトを第2パラメータとして使用することもできます。
 accounting.formatMoney(4999.99, "€", 2, "。", "、");  // 4.999,99ユーロ

 //負の値は正式にフォーマットできます:
 accounting.formatMoney(-500000, "£", 0);  //£500,000

 //単純な `format`文字列はシンボルの位置を制御します(%v = value、%s = symbol):
 accounting.formatMoney(5318008, {symbol: "GBP", 形式: "%v%s"});  // 5,318,008.00 GBP 

formatNumber() - カスタム精度とローカライズで数値をフォーマットする

1000の位で「,」を入れたいなら、これを使えばOK

accounting.formatNumber(5318008);  // 5,318,008
accounting.formatNumber(9876543.21, 3, "");  // 9 876 543.210 

具体的な使い方

    import accounting from 'accounting-js'

//標準的な使用法とパラメータ(文字列を返す)
accounting.formatMoney(number,[symbol = "$"],[precision = 2],[thousand = ","],[decimal = "."],[format = "%s%v"])

//第2のパラメータはオブジェクトにできる
accounting.formatMoney(number, [options])

// options.currencyに一致する利用可能なオプション
var options = {
    symbol : "$",
    decimal : ".",
    thousand: ",",
    precision : 2,
    format: "%s%v"
};

// 使用例:
accounting.formatMoney(12345678); // $12,345,678.00
accounting.formatMoney(4999.99, "€", 2, ".", ","); // €4.999,99
accounting.formatMoney(-500000, "£ ", 0); // £ -500,000

// optionsオブジェクトを使用した使用例
accounting.formatMoney(5318008, {
    symbol: "GBP",
    precision: 0,
    thousand: "·",
    format: {
        pos : "%s %v",
        neg : "%s (%v)",
        zero: "%s  --"
    }
});

// 値の配列を再帰的にフォーマット
accounting.formatMoney([123, 456, [78, 9]], "$", 0); // ["$123", "$456", ["$78", "$9"]]

簡単に遊んでみた感じをgithubに。
acctountingで実験

=======

//便利な書き方1
accounting.formatMoney([123, 456, [78, 9]], "$", 0); // ["$123", "$456", ["$78", "$9"]]


//便利な書き方2
accounting.formatMoney(number, [options])

var options = {
    symbol : "$",
    decimal : ".",
    thousand: ",",
    precision : 2,
    format: "%s%v"
};

//便利な書き方3
accounting.formatNumber(9876543); // 9,876,543

`accounting.formatNumber だけで乗り切れそうな感じはした。

参考
accounting.jsのドキュメント