Edited at

ReactNativeで作ったIOSアプリを公開するまでに必要な手順

More than 1 year has passed since last update.


全体の手順


  1. 自分のPC上で、秘密鍵/公開鍵ペアを生成する

  2. CSR(Certificate Signing Request - 証明書署名要求)を、(1)の公開鍵を付けてAppleに送る

  3. (2)の公開鍵を含む証明書を作り、認証局の秘密鍵で暗号化

  4. (3)の証明書をダウンロードし、キーチェーンへ登録

  5. App IDを登録

  6. プロビジョニングファイルの作成

  7. プロビジョニングファイルをダウンロードし登録

  8. ビルド設定を行う(BundleID, コードサイニング)

  9. ビルド、アーカイブ(ipaファイル作成 ※)


証明書の作成 & キーチェーンへの登録 (1-4までの手順)


AppIDの登録 (5の手順)


プロビジョニングファイルの作成 (6-7の手順)


プロビジョニングファイルの役割


  • どのアプリ(BundleID)のどの開発者(Certificate)がどの端末(UUID)で動作させるかを判断するためのもの


    • 開発用 (Development)

    • 製品用 (App Store)

    • リリース前のテスト用 (AdHoc)




チームで開発する場合はどうするか?


  • プロビジョニングファイルは証明書を作った開発者のPCじゃないと、Private Keyが無いよとArchiveする時に怒られます


  • 複数台のMacでiOSアプリを開発する方法 ~ 開発チームのブログhttp://stpsysdev.blogspot.jp/2015/09/macios.html


ここを参考に本番の証明書を作った開発者の秘密鍵(p12)と証明書を渡せば共有可能です。


ビルドを行う (8-7の手順)


  • ここまでできたら後はProduct > Archive

  • Validateを実行して通ったら晴れてApple StoreにUploadできます