Edited at

忘れがちなgit stashをコマンドから実行する際のメモ書き

More than 3 years have passed since last update.

SourceTreeでgit stashすると、重かったりして面倒なのでよくやる処理をすべてコマンドから行えるようにまとめました。


一時退避

git stash


退避内容を一覧表示

git stash list

stash@{0}: hoge0

stash@{1}: hoge1
stash@{2}: hoge2


最新の退避内容を戻す

git stash pop


退避対象のファイルの一覧を表示する

git stash show stash@{0}


退避対象の変更内容を表示する

git stash show -p stash@{0}

-  $user = '1'; // 削除した行

-
+ $add = 'hoge'; // ここが追加した行


指定の退避内容を戻す

git stash pop stash@{0}


退避内容を全削除する

git stash clear


指定の退避内容を削除する

git stash drop stash@{0}