Git

git logにブランチ名を表示する git log --oneline --graph --decorate=fullのススメ

More than 5 years have passed since last update.


コミットログの表示

git log

ローカルのコミットログ(ハッシュ値、編集者、編集日時、メッセージ)を表示

* commit 1235f58b72bd3323375debbc783a508d8328277cce5

| Author: Masaru Furuya
| Date: Fri May 16 00:54:09 2014 +0900
|
| git test


コミットログをグラフ表示にする

git log --graph

* commit 2rr29dd167c5d38fec823f2c90fb4896536a6214

| Author: Masaru Furuya
| Date: Thu May 15 19:22:14 2014 +0900
|
|
|
* commit 9003273439ba845614650688d7bb752614ec6231
|\ Merge: 90b2dd4 4034903
| | Author: Masaru Furuya
| | Date: Thu May 15 18:32:17 2014 +0900
| |
| | Merge branch 'git_test2' into git_test
| |
| * commit 1334fa8d01d0a17e679eb3b94a3db5479a144223

コミットの推移をグラフ表示にしてくれる


コミットログを1行で表示する

git log --oneline

10029dd git test3

3453273 git test2
134bfa8 git test1

余計な情報は全て省略され、ハッシュ値とコミットメッセージのみの表示となる


コミットログにブランチ名を表示する

git log --graph --oneline --decorate=full

* 1ee29dd (HEAD, origin/git_test, origin/HEAD, git_test2, git_test) 

* * 1233273 Merge branch 'git_test2' into git_test
|\
| * 135bfa8 git_test2
| * 111b0f1 git_test4 Merge branch 'git_test3'
| |\
| |/
|/|
* | 01b2dd4 git_test

--decorate=full

をオプションとしてつけるとカラフルになるだけでなく、

ローカルとリモートのブランチ名を表示してくれるようになる

いちいち、このコマンドをうつのもめんどくさいので、

自分はgitcofigにエイリアスとして登録している

[alias]

graph=log --graph --oneline --decorate=full

git logはHEADの変化のログであるgit reflogと合わせて使えば、

何かあった時に復旧するのにとても便利なコマンドです。

ぜひ自分にあったオプションを見つけて見て下さい。