Help us understand the problem. What is going on with this article?

時代は、Windows10Proの仮想マシン

今まで、クラウドの仮想マシンで Windowsのリモートデスクトップを使う場合は、Windowsサーバーをデブロイしていたと思います。

でも、時代が進化して、Windows10ProをAzureで使えるようになりました。
マルチタスク、マルチユーザーです。
そのため、リージョンを東日本で設定すると、料金が目が点になってしまいました。
https://twitter.com/masaru21/status/1216163751688167426

でも、リージョンをアメリカに設定したら、少し安くなりました。
https://twitter.com/masaru21/status/1216517685615349760

Office365のbusiness以上の料金プランを使っている人は、Microsoft virtualdesktopをライセンス料金無料で、仮想マシンとストレージ料金だけで利用できるとアナウンスがあります。

そのため、仮想マシンで2台以上Windows10Proを使う場合は、Microsoft virtual desktopを構築した方が良いかもしれません。

スクリーンショット 2020-01-13 9.50.53.png
デブロイ後ログインして、初期設定の英語の画面の後の表示です。

とりあえず、先に日本語化を試みました。
スクリーンショット 2020-01-13 9.56.51.png

設定画面のlanguageの項目から、言語を追加を選択すると、この画面が表示されます。
スクリーンショット 2020-01-13 9.56.59.png
日本語を選択します。

Chromeのインストール

次にChromeのインストールですが、WindowsサーバーでChromeのインストールは、コマンドを使うなど面倒でした。

でも、Windows10Proでは、そのままネット検索してChromeのページにアクセスして、ダウンロードを選択することで、簡単にインストールできました。

この経験をしたので、もうWindowsサーバーでリモートデスクトップの環境を作らなくても良いと痛感しました。

自分一人で、リモートデスクトップを作らないといけない場合は、もうWindows10Prowを選択肢に加えても良いと思います。
あとは、コストを慎重に考えると良いです。

私は、仮想マシンを使わない時は、仮想マシンを停止しています。

今回は、クライアントの作業のために、仮想マシンを専用に作った方が、日常使っているパソコンの環境と混ざることがなく、機密漏洩などのリスクや自分の使いやすさのことを考えて、仮想マシンを作りたいと思いました。
そして、どうせつくるなら実験でWindows10proで作ってみようと思い、取り組みました。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away