Edited at

GCEでVNCを使ってリモートデスクトップ接続しました。

More than 1 year has passed since last update.

この数日Google cloud platformのGoogle Compute Engineのインスタンスに、Ubuntu17.10をインストールしてXRDPでリモートデスクトップ接続して使いたいソフトをインストールしようと試みていました。

XRDPで接続した内容は、こちらを読んで下さい。

https://qiita.com/masaru21/items/13215be80fcb8e62d82a

今回は、VNCでリモートデスクトトップを試みます。

VNCについては、こちらの記事を読んで下さい。

http://www.obenri.com/_subitem_dir/vnc01.html

XRDPについては、こちらの記事を読んで下さい。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/Xrdp

VNCとXRDPは、プロトコルの、違いです。

RDPリモートデスクトトップは、Windowsに標準でクライアントソフトが入っているので、使われる機会も多いです。

私は、モバイルPCとスマホで、wi-fi環境でVNCとRDPを試しました。

私の体感では、VNCの方が早く快適にデスクトップが使えるように思いました。

今回GCEでVNC接続するために、ネットで色々と調べました。

でも、VNCでは接続できませんでした。

今回Ubuntuのユーザーの権限が、GUIに反映されないことで、XRDPではなくVNCを使ってみたらとアドバイスして頂いた人と出会いました。

この人に、下記の記事を教えて頂きました。

https://medium.com/google-cloud/graphical-user-interface-gui-for-google-compute-engine-instance-78fccda09e5c

この記事を読んで、私が接続できなかった原因が分かりました。

GCEでVNCを使うときは、ファイアウォールの設定が必要だったのです。

この記事の中のGCEのファイアウォールの設定を、補足説明します。

Google cloud platformのメニューの中で、Compute Engineのインスタンス詳細で編集を選択してください。

ページの中程に、ネットワークタグの項目があります。

ここに、vnc-serverを入力します。

次に、Google cloud platformのVPCネットワークを選択してください。

次に、ファイアウォールルールを選択してください。

次に、画面上部のファイアウォールルール作成を選択してください。

先にご紹介した英語の記事の設定をもとに、入力してください。

設定例です。



ネットワークタグでファイアウォールのルールが適用されるように設定すると、インスタンスの詳細で設定したネットワークタグと紐付けられます。


ファイアウォールの設定で接続できました

今回ファイアウォールの設定をすることで、GCEでvnc4serverを使ってリモートデスクトトップ接続に成功しました。


VNCとXRDPの両方接続

VNCサーバーの設定でファイアウォールルール適用してますが、vnc4serverを起動したままXRDPでの接続も出来ました。

私は、スマホでSSH接続しているので、インスタンスにブラウザでSSH接続したときとユーザー違うのが気になっています。

今回スマホでvnc4serverを起動して、このデスクトップにネットからダウンロードしてインストールしたソフトは、XRDPに別のユーザーでログインすると反映されないです。

同じユーザーで、VNCとXRDPの両方を使うことが出来るのも、便利だと思います。


参考にした記事

今回先にご紹介した記事の他に、下記の記事も参考にしました。

http://uyama.coffee/wp/ubuntu-17-10でvnc4server入れようとしたら情報が断片的すぎて大/