Posted at

VNCとXRDPのデスクトップ共有されない

More than 1 year has passed since last update.

XRDPでリモートデスクトップ接続した環境に、VNCサーバーでアクセスできないか試しました。

理由は、VNCサーバーで接続した方が早いからです。


ユーザー切り替え

すでに、別のユーザー名でVNCを使っていたので、ユーザーを切り替えました。

su - name

ーをつけると、PAHTなどの環境を引き継いでユーザー切り替えできます。

既にVNCのサーバーはインストールしていますので、このユーザーでログインできる様に、パスワードを作り設定しました。

vncserver

この時に画面番号を指定したら、その番号で設定できます。

設定するパスワード聞いて来ますので、2度入力します。

vncserver -kill :1

VNCサーバーを止めます。

こちらの記事を参考にして、指定のファイルの内容を修正しました。



vi .vnc/xstartup

https://medium.com/google-cloud/graphical-user-interface-gui-for-google-compute-engine-instance-78fccda09e5c

VNCサーバーを再起動しました。

vncserver :1 

この1は、画面番号です。

ポート5901が1です。

ポート5902が2になります。


今回は同じ画面番号でテスト

今回は、同じ画面番号でテストしましたが、画面番号を指定してVNCサーバーを起動すれば、環境を使い分けることもできます。


デスクトップの内容が引き継がれない

XRDPのデスクトップとVNCのデスクトップは同じ内容が使えると思ったのですが、実際は別の環境になりました。

XRDPで接続できたデスクトップにVNCサーバーで接続する意味は無いと思うのですが、私は、Wi-Fiが使えない環境でスマホでVNCクライアントでアクセスするため、少しでも快適に操作できる環境で使いたかったのです。

でも、今回、リモートデスクトップで接続するサーバーが変わると、デスクトップの内容が引き継がれないことが確認できたので、Ubuntuの勉強ができたので良かったです。