Posted at

jetpackの連携ができない時

お名前.comのSD-11のプランのサーバーにインストールしたWordPressで、jetpackのプラグインが、WordPress.comとの連携ができず困っていました。

ネット検索してSSLの関係で躓いた時は、共有や独自のSSLではないSSLを購入するしかないという記事まであり、本当に悩みました。

結果としては、WordPressのSite Guardというプラグインを停止して、ログインページが通常の状態にして、jetpackの設定のソーシャルメディア共有の設定を行うことで連携できました。

また、WordPressのサイトURLが、ルート出ないと連携が難しいことも分かりました。

ドメインの直下にWordPressを設置できたら良いのですが、数段下に配置した場合は、htasseccファイルで工夫する必要があります。

WordPress.comから帰ってくる時は、どうもドメインのURLで戻ってくるようです。

だから、WordPressが直下に配置されていないとadminのディレクトリにアクセスできず、404ページが無いとエラーになってしまいます。

<IfModule mod_rewrite.c>

RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^(.*)$ /hoge/hoge2/$1 [L]
</IfModule>

文法が違う部分もあると思いますが、このような記述をして対応しました。

hogeは、実際にWordPressを設置したディレクトリを指定してください。

SSLの証明書は、無料のものや共有SSLでも使えます。

ドメイン直下にWordPressを設置できないときは、jetpackの連携できないようなので、工夫必要ということを今回学んだように思います。

お名前.comは、海外からxmlrpc.phpやログインページへのアクセスを制限しています。

もし、WAFのセキュリティをOFFにするなどしてセキュリティを外してもxmlrpc.phpが動かない時は、お名前.comのカスタマーに相談すると良いです。

<Files wp-login.php>

order allow,deny
allow from all
</Files>
<Files xmlrpc.php>
order allow,deny
allow from all
</Files>

このコードを、htasseccファイルの先頭行に記載すると、海外サイトの規制を解除できます。

でも、これだと全部解除になってしまうので、jetpackのみ通すように制限したいのですが、共有SSLでは難しいようです。