Windows
Registry
cmd

Windows10 カーネルをすべてメインメモリに常駐させる

カーネルとは?

カーネルは ハードとソフトのやり取りをコントロールする、OSの中核となるソフトウェアです。
カーネルは通常 メインメモリと仮想メモリに分散され配置されていますが、動作速度の遅い仮想メモリにはできれるだけ配置したはないです。
すべてのカーネルが メインメモリに配置されるように設定し、システムの低速化を防止しましょう。

設定方法

  1. レジストリエディターを立ち上げる
    「Windowsキー+Rキー」で「ファイルを指定して実行」を立ち上げる →
    「regedit」と入力し「OK」をクリック → 管理者権限を求められるので「続行」をクリック → レジストリーエディターが起動

  2. Memory Managementを開く
    「\HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\Control\Session Manager\Memory Management」を選択 →  Memory Managementのレジストリエディターが開く

  3. 値を変更
    「DisablePagingExecutive」を選択 → 値の編集画面が表示されるので、値のデータ欄に数字の「1」を入力(※値が1で有効、0で無効) →  OKを選択して設定終了
    ※「DisablePagingExecutive」がレジストリになかった場合
    画面中央空白の部分で右クリック → 「新規」を選択 → 「DWORD」を選択 → レジストリが追加されるので名前欄に「DisablePagingExecutive」と入力して作成しましょう。

システムを再起動させれば 設定が有効になります。