HTML
CSS
JavaScript
Chrome
performance

海上自衛隊のHPが阿部寛のライバルとして名乗りをあげた


はじめに

※技術的な記事ではありません。

多少、技術的な話は出てきます。


海上自衛隊第101掃海隊のHPがなかなか早い

まず、そのページはこちら

・https対応

・2019.6.4 ホームページ再開設(以前のサイトはどこなのか)

・ロゴとタイトルが被っている

・Failed to load resource: the server responded with a status of 404 (Not Found)というコンソールエラーがある。(1211.jpgがロードエラー)

・インラインでCSSを記載

<meta name="GENERATOR" content="JustSystems Homepage Builder Version 15.0.2.0 for Windows">という記述があるため、ジャストシステムさんのホームページビルダーを使っている模様

・ながしま、ゆげしまのリンクから飛んでいくページはプレーンなHTML

・装備品のページはjpgファイルのみという潔さ


パフォーマンスを比較

まずは阿部寛から。

ここではChrome Dev Toolを使います。

スクリーンショット 2019-06-08 21.53.27.png

Finish: 116ms

DOMContentLoaded: 43ms

Load: 348ms

続いて、海上自衛隊第101掃海隊

スクリーンショット 2019-06-08 21.55.16.png

Finish: 134ms

DOMContentLoaded: 133ms

Load: 329ms

ほぼ互角です。

念のため、Performanceパネルも見てみました。

阿部寛のページは

スクリーンショット 2019-06-08 21.58.18.png

そして、海上自衛隊第101掃海隊

スクリーンショット 2019-06-08 21.57.23.png

これだけを見ると、若干海上自衛隊第101掃海隊の方がパフォーマンス良さそう・・・?

あとは、海上自衛隊第101掃海隊の方はhttps対応しているので、Auditsでスコアを計測してみました。

スクリーンショット 2019-06-08 22.15.05.png

Performace 100を達成しています。

国内屈指の高パフォーマンスサイト、r.nikkei.comですらスコア87です。

新しい爆速サイトが爆誕したといってもいいのではないのでしょうか。