GitLab
GitLab-CI

GitLab 8.16 リリース

More than 1 year has passed since last update.

GitLab 8.16 リリース

毎月恒例の GitLab 8.16 がリリースされました。

8.16 になったからというわけではないとは思うのですが、フルセットの GitLab を Google Computing Engine にデプロイするデモが上がっていました。

Google Computing Engine demo

GitLab はもちろんですが、以下のものも同時にセットアップされます。

  • auto-scaling CI
  • auto deploy to your own Kubernetes cluster
  • GitLab Mattermost
  • your private Docker registry
  • set up certificates using Let's Encrypt

変更点

8.16 での変更点の中から、個人的に気になるものをピックアップします。

Monitoring GitLab with Prometheus

Prometheusでのモニタリングができるようになったようです。不勉強であまり知らないのですが、オープンソースの運用監視ツールです。

しかも、Omnibus Package には最初から含まれているようで、prometheus['enable'] = true/etc/gitlab/gitlab.rb に追加し、gitlab-ctl reconfigure を実行するだけで、http://gitlab.example.com:9090 にアクセスするだけで Prometheus での監視ができるようになります。

prometheus.png

将来的には、GitLab CE の監視だけでなく、デプロイ先の環境の監視もできるようになるようです。

Time Tracking in CE and API

GitLab EE に 8.14 で導入された Time Tracking が GitLab CE にも導入されました!

Issue や Merge Request に作業時間の見積もりと実績時間の入力ができます。GitLab CE は会社内で使われることも多いため、この機能を待ち望んでいた人も多いのではないでしょうか?

API も整備されましたので、様々なことに使えそうですね!

GitLab Pages in 8.17

待望の GitLab CE への GitLab Pages の導入は、残念ながら来月の 8.17 からになるようです。来月まで首を長くして待つことにします。

Deploy keys with write access

GitLab では、CI などで使うためのデプロイキーを発行することができました。ですが、こちら、リードオンリーだったので、CI でビルドした成果物をプッシュすることができませんでした。

8.16 から、書き込み可能なデプロイキーを発行できるようになりました。

Add support for PlantUML diagrams in Asciidoc

個人的に 8.16 イチオシの機能がこれです。Asciidoc 限定ですが、PlantUML を使って UML を書けるようになりました!

PlantUML とは、テキストで UML 図が書けちゃうすぐれものです。こんなの感じで書けます。

class Hoge {
  + subscribe()
}

クラス図

別途 PlantUML Web Server を用意しなければいけませんが、GitLab のヘルプにビルド方法まで含めて書いてありましたので、簡単に構築することができました。

ついでですので、Plant Web Server の Docker Image を作りました! これだけで起動できます。

$ docker run -d -p 8080:8080 registry.gitlab.com/graybullet/plantuml-server

GitLab CE の管理者の設定画面で PlantUML の URL を設定できます。http://{plantuml server address}:8080/plantuml を設定してください。

あとは、適当なプロジェクトの Asciidoc にこういう感じで書きます。

[plantuml]
--
class Hoge {
  + subscribe()
}
--

こんな感じで表示されます!

plantuml.png

  • 残念ながら、GitLab.com では有効化されていないようです
  • PlantUML の公式サイトで配られている plantuml.war ファイルではうまくいきませんでした
  • Markdown もそのうち使えるようになるようです (#4048)

最後に

GitLab Pages が来月に持ち越されたのは少し残念ですが、Time Tracking がついたり、PlantUML が使えるようになったりで、個人的にはとてもうれしいです。

毎月、すごいと思わせる GitLab の開発速度はすごいですね。