Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

CentOS7 のインストール環境をローカルに閉じる

More than 5 years have passed since last update.

概要

毎回 net-install をするのも面倒ですし、ここらへんで内包化しておきたいなぁと思ったのでやりました。
本当は早いところ image 化したいけども諸事情により断念。コツコツ行くとします。

前提

  • httpd で公開できること
  • インストールのソースになる場所を boot サーバと呼ぶことにします
  • 今回は pxe boot サーバに相乗りさせる形で作ってたりします

実施内容

内部の boot サーバ上での作業

  • ISO イメージを wget します
$ sudo wget ftp://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/CentOS/7/isos/x86_64/CentOS-7.0-1406-x86_64-DVD.iso
  • ISO をマウントします
    • ディレクトリは環境に合わせて変更してください
/etc/fstab
/usr/iso/CentOS-7.0-1406-x86_64-DVD.iso /mnt/centos7 iso9660 rw,ro,loop 0 0
# mount -a
  • ディレクトリとして見えていることを確認します。
$ pwd
/mnt/centos7
$ ls
CentOS_BuildTag  EULA  LiveOS    RPM-GPG-KEY-CentOS-7          TRANS.TBL  isolinux
EFI              GPL   Packages  RPM-GPG-KEY-CentOS-Testing-7  images     repodata

適当な KVM ホストで virt-install を実行します

  • 下記の内容は環境に合わせて変更してください。
  • ks ファイルがなければ、手動インストールになると思います。
virt-install \
    --connect=qemu:///system \
    --name=hogehoge \
    --hvm \
    --accelerate \
    --disk path=/var/lib/libvirt/images/hogehgoe.img,size=40,device=disk,bus=virtio,format=raw \
    --vcpus=1 \
    --ram=2048 \
    --location http://hogehoge.com/centos7 \
    --network bridge=br0,model=virtio \
    --keymap=ja \
    --os-type=linux \
    --os-variant rhel7 \
    --extra-args='ks=http://hogehoge.com/anakonda-ks.txt console=tty0 console=ttyS0,115200n8'
fi
  • 手元の環境では無事インストール完了まで自動で流れました。

所感

  • 簡単に実現できて良かったです。
  • なんだかんだ使用するマシンはある時期の ISO をベースとするので大事ですね。
  • 最後に、とてつもなく適当な手順ですいません。ただの備忘録です。
  • もう少し kickstart 側をいじって yum.repos.d のケアくらいはしておかないとですね。
masahixixi
Web系企業のSREエンジニア。
livesense
求人情報サイト「マッハバイト」「転職ナビ」「転職会議」「転職ドラフト」および不動産情報サイト「IESHIL」などを開発・運営しています。
https://www.livesense.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away