Help us understand the problem. What is going on with this article?

2019年Office365利活用にやったこと

この記事は「Office 365 Advent Calendar 2019」に参加しています

Qiitaに記載していますが、技術要素は薄めです。すいません。

利用者である私は、2019年所属組織でOffice365の利活用推進のために
どのようなことをしてきたか紹介します。
どこか1部分でも参考になるところがあればぜひパクッてください。

立場紹介

・全社2500人程度の会社で、250人程度のシステム
開発本部に勤務
・Office365の管理者ではなく、ユーザーの1人として本部内での利用を推進
→管理者画面の閲覧は不可
→PowerShell等を使って、サイト全体に影響を与える変更は不可
・品質保証部門(QA)に所属。ISO9001の事務局・出荷前検証の実施・
QAに関するデータの収集及び分析が本業
・半月に1回はMS品川本社の勉強会で新情報をGet!Twitterでできる限りキャッチアップ

弊社のOffice365利活用の歴史(ざっくり)

・2014年9月に全社導入(導入しただけ)
・2015年から所属本部での利活用推進を始める
・2016年以降は所属本部を対象に有志を対象に勉強会等を企画
(2014年以前は所属本部内に閉じたオンプレミス環境を構築)

2019年やったこと

・利活用したい部門の相談役
 工夫したこと:会社の目標設定に「他部門の利用支援」を入れて上司に承認された
 →ある程度堂々と他部門の支援ができる
 工夫したこと:デモサイトやサンプルは作るけど、基本的には利用部門に作ってもらう
 →自分の手からすぐ離れるようにする
 工夫したこと:スピード感は大事にした
 →Office365を使えば、やりたいことがあらかたはっきりしていれば60~70%はすぐ形にできる
  ことが多い。お互いに共通イメージをもった状態ですすめる(最初の会話は大事にして、あとはチャット)
・Teams勉強会
 工夫したこと:本部内だけでなく、他の人にも呼び掛けた(Yammerで)
 →来る来ないは別にして、一定数の人はみてくれた
 工夫したこと:会社のタイプ的に皆が社内勉強会に堂々と行けたいので「読めば分かる」資料にした
 →多分所属本部のレベルの底上げには貢献できたはず
 工夫したこと:来てくれた人は丁重におもてなし
 →デモを多くする、ディスカッションの時間を作る、質問には最後まで答えるなど

・社内情報基盤から少しずつOffice365へ移行
 既存の情報基盤
  平成8年10月にイントラネット・サービスとして構築→業務連絡等は平成8年からここに投稿
  歴史があって皆がまず検索するが、使い勝手がよくない
  例)インターフェースが古い、添付ファイルは検索できない
  全社員が使う部分は影響範囲が大きすぎるが、500人くらいで利用する部分をOffice365へ移行
  
・社内報の寄稿(予定)

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした