search
LoginSignup
19

More than 5 years have passed since last update.

posted at

milkcocoa と Azure を使用してプライベート動画配信サイトを作るための初めの一歩

今年最後の milkcocoa meetup にて登壇した際に発表した内容をこの記事でまとめてみます。

このコンテンツの概要

ホビーアプリや教育向けアプリなど、動画を使ったサービスを開発しようとする際、はじめは無料の動画プラットフォームを使ってサービスを構築できますが、下記のような問題が発生します。
・広告が表示され、ユーザーエクスペリエンスが低下する。
・自社サービス外からも閲覧されるという問題があり、課金ができない。

こういった問題を解決するために、動画プラットフォームとしての Microsoft Azure Media Service と Milkcocoa を組み合わせてリアルタイムにコメントの付けられる動画サービスの構築方法を紹介します。

このコンテンツを試すために必要なもの

milkcocoa のアカウントと、Microsoft Azure のアカウントが必要になりますので、下記 2 つのページからそれぞれ作成してください。
milkcocoa のページ
Azure の1ヶ月無償利用アカウント作成ページ
なお、Microsoft Azure とは Microsoft の提供するクラウドプラットフォームのことです。詳細はこちらからご参照ください。
※画面ショットに含まれている URL やメールアドレスはデモ用に作成した一時的なものです。

具体的な手順

配信用の Web ページの作成

まずは、配信用の Web ページである Azure Web Sites の用意をします。
Azure にサインアップしたうえで、下記の手順に従って Web Sites を立ち上げてください。

1.Azure 管理画面で、[+新規] をクリック後、下記画面のように [コンピューティング]-[WEB サイト]-[簡易作成] を選択し、ユニークな URL を入力します。その後、[WEB サイトの作成] をクリックします。
image1.png

2.WEB サイトが作成された後に、下記のような画面が表示されますので、赤い四角で囲まれた部分をクリックします。
image2.png

3.下記のような WEB サイトの管理画面に移動するので、[構成] をクリックします。
image3.png

4.[構成]画面へ移動するので、ページを下の方へスクロールし下記の画面を表示させます。その後、[WEB SOCKET]と[VISUAL STUDIO ONLINE での編集] を [オン] にしたうえで、[保存] をクリックします。
image4.png

5.ここで、[保存] ボタンの 3 つ左にある [参照] をクリックすると、WEB ページを表示させることができますが、ここまでの手順では Azure Web Sites のテンプレートページが表示されるだけになります。

チャットを実装するためのコードの追記

1.上記設定後、ページを上の方へスクロールし、下記の画面を表示させます。その後、[ダッシュボード] をクリックします。
image5.png

2.[ダッシュボード]画面へ移動後、ページを下の方へスクロールし、下記の画面を表示させます。その後、[Visual Studio Online での編集] をクリックします。
※ [Visual Studio Online での編集]は、[ダッシュボード]画面へ遷移後、しばらくしてから表示されるので、少しだけお待ちください(10 秒以内には表示されます)。
image6.png

3.Visual Studio Online Monaco が起動されます。これは、Azure Web Sites に表示するコンテンツを編集することのできるオンライン エディターです。詳細はこちらからご覧ください(英語のコンテンツです)。
ここから、milkcocoa のチュートリアルサイトに記載されている index.html と main.js の内容を monaco 上にコピーしていきます。まずは、下記画面の赤い四角のボタンをクリックし、"index.html" と記載しましょう。
image7.png

4.milkcocoa のチュートリアルページから張り付けた index.html は下記のようになります。
image8.png

5.その後、main.js も同じように貼り付けて、下記のようになります。赤枠内の部分を milkcocoa のコメントの指示通りに変更します。
(milkcocoa 側でアプリケーション ID を作成し、app-id を記載する形になります。)
image9.png

6.画面左側のペインで index.html を選択後、赤い四角で囲んでいる再生ボタンをクリックします。
image10.png

7.ブラウザが起動し、チャットの画面が表示されます。milkcocoa のリアルタイム通信が正しく行われていることを確認するために、同じ URL の画面を 2 つ並べて起動します。左側の画面に任意の文字列を入力後、[send message!] ボタンをクリックします。
image11.png

8.手順7の結果、下記のように2つの画面にチャットの文字列が表示されることが確認できます。これで、WEB サイトの準備と、チャットの実装が完了です。
image12.png

Azure Media Service の準備

ここから、Azure Media Service の準備を進めていきます。
1.Azure のポータル画面のトップページに戻り、画面左下の[+新規] ボタンをクリックします。その後、[アプリケーション サービス]-[メディア サービス]-[簡易作成]を選択し、下記画面のように任意の URL 地域を入力し、[メディア サービスの作成] をクリックします。
image13.png

2.しばらくすると、media service の作成が完了し、下記の画面のようになります。その後、赤い四角で囲まれている矢印をクリックします。
image14.png

3.media service の構成画面が表示されるので、[コンテンツ] を選択します。
image15.png

4.コンテンツ画面に遷移するので、画面下側の[アップロード] をクリックします。
image16.png

5.下記のような画面が表示されるので、[ローカルから]を選択しコンピューター上の任意の動画ファイルを選択します。なお、ファイル選択後、[コンテンツ名]は自動で設定されますが、任意の名前に変更してもよいです。その後、画面右下のチェックをクリックします。
image17.png

6.アップロードが完了すると、下記のような画面になるので[エンコード]をクリックします。
image18.png

  1. [Azure メディア エンコーダー]画面が表示されるので、[プリセット]を"PC/Mac での再生(Flash/Silverlightを使用)" に変更したうえで、画面右下のチェックをクリックします。 image19.png

8.しばらくすると下記の画面になるので、[発行]をクリックします。
※エンコード完了のメッセージ表示後もしばらくは[発行]が表示されないため、30秒ほどお待ちください。
image20.png

9.上記操作が完了すると、下記のような画面になるので、赤枠内の情報をコピーしておきます。
image21.png

10.プレイヤーを生成してくれるページにアクセスします。もちろん、自分でプレイヤーを作成したり、配信する動画をプログラムから動的に変更することはできますが、手順が長くなるため今回はこのサイトの機能を使用します。
手順9でコピーした情報を赤枠のテキストボックス内へ張り付けたうえで、[update player] ボタンをクリックします。
image22.png

11.下記のようにアップロードした動画に変わります。[get embed code] ボタンをクリックします。
image23.png

12.埋め込みコードが表示されるので、コピーします。
image24.png

動画コンテンツを Web ページから配信する

Visual Studio Online Monaco の画面に戻り、動画を WEB ページ上に埋め込みます。
1."index.html" を編集する画面に移動し、赤い枠の中のように動画の埋め込みコードを貼り付けます。その際、適宜 width と height の値を 100% から 30% などの小さな値へ変更しておきます。
image25.png

2.下記のような画面が表示されます。動画を見ながらチャットができるようになります。
image26.png

このような方法で動画を再生できる仕組みを構築後、ログイン機能・課金機能を組み込むことでプライベート動画のサイトを構築できます。
今回は手短に説明するために、あらかじめアップロードした動画を対象としましたが、milkcocoa のリアルタイム通信と相性が良いのはストリーミングの機能になるでしょう。もちろん、Azure Media Service はストリーミングも対象としているので、興味がある方はこちらのサイトをご参照ください。

(興味のある方が多い場合(1000名とか)には、streaming の機能も詳細に記事を書いてもよいかもしれないですね。)

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
19