Go
環境構築

Windows10でGO言語環境の構築

はじめに

Go (プログラミング言語)とは、google社によっって開発され、2009年に登場した比較的新しい言語で、比較的シンプルな言語で、C++などの言語に比べると習得は容易で、
プログラミング経験のある方であれば、仕様を眺めただけで使えるようになるらしい。
(使いこなせるとは言ってない!)

GO言語は聞いたことしかなく、使ったことも、コードも見たことがないのでなんとも言えませんが、とにかくGOをインストールしてみる!

手順


windows用インストーラーのダウンロード
ダウンロードはこちら
①.PNG


①でダウンロートしたファイルを実行してインストール
②_1.PNG
②_2.PNG
②_3.PNG
②_4.PNG
②_5.PNG


GO をインストールしたディレクトリ下の[bin]ディレクトリを環境変数の[PATH]に追加
(自動で追加されていれば追加、編集不要)
③_1.PNG
③_2.PNG
③_3.PNG


GO をインストールしたディレクトリを環境変数の[GOROOT]に追加
(自動で追加されていれば追加、編集不要)


go動くかどうか確かめる~バージョン確認~

GOをインストールディレクトリ下の[bin]ディレクトリまで移動し、
[go version]と実行し動くことを確認する。
⑤_1.PNG


動くかどうか確かめる~goファイルの実行~

プログラミングと言えば Hello World!
hello.goという名前のファイルを作成し、以下の内容を記載
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
package main

import "fmt"

func main() {
fmt.Printf("hello, world\n")
}
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

コマンドプロンプトで実行する。
[go run hello.go]

⑥_1.PNG

表示されることを確認


動くかどうか確かめる~実行ファイルにしてから実行~

ビルド
[go build hello.go]

.exeファイルが作成される
⑦_1.PNG

実行
[hello.exe]
⑦_2.PNG

ちゃんと動くことが確認できた!