JavaScript
ccchart

【グラフ描画ライブラリ】ccchartの使い方メモ

More than 3 years have passed since last update.

はじめに

Javascriptのグラフライブラリccchartの使い方をメモ。
ccchartは折れ線、棒、積み上げ、面、円、散布図等いろいろなチャートが手軽に描画できるライブラリです。
ここでは折れ線グラフの作り方をメモ。

読み込み

ccchart.jsをダウンロードし、適当な場所に配置してHTMLで読み込みます。
また、設定を記述するためのjsファイルも用意します(ここではmy.js)。

sample.html
<script type="text/javascript" language="javascript"  src="/sample/public/javascripts/ccchart.js"></script>
<script type="text/javascript" language="javascript"  src="/sample/public/javascripts/my.js"></script>

canvasタグを記述

HTMLにcanvasタグを記述します。

sample.html
<canvas id="chart_sample1"></canvas>
<canvas id="chart_sample2"></canvas>

共通プロパティ設定

ここからはjavaScriptを記述します。
ccchart.baseを使って、すべてのチャート共通の設定を行います。

my.js
  ccchart.base('', {config : {
    "type" : "line", //チャート種類
    "useVal" : "yes", //値を表示
    "xScaleFont" : "100 16px 'meiryo'", //水平軸目盛フォント
    "yScaleFont" : "100 16px 'meiryo'", //垂直軸目盛フォント
    "hanreiFont" : "bold 16px 'meiryo'", //凡例フォント
    "valFont" : "bold 16px 'meiryo'", //値フォント
    "paddingTop" : "25", //上パディング
    "paddingRight" : "140", //右パディング
    "colorSet" : ["blue"], //データ列の色
    "useShadow" : "no", //影
    "height" : "300", //チャート高さ
    "width" : "900", //チャート幅
    "useMarker" : "arc", //マーカー種類
    "markerWidth" : "7", //マーカー大きさ
    "valYOffset" : "8", //値オフセット
    "valXOffset" : "-8", //値オフセット
    "bg" : "#fff", //背景色
    "textColor" : "#333", //テキスト色
    "lineWidth" : "1", //ラインの太さ
  }});

個別プロパティ設定

チャートに個別のプロパティを設定します。

my.js
  var chart_sample1 = {
    "config" : {
      "colorSet" : ["red"], //データ列の色
      "minY" : 0, //Y軸最小値
      "maxY" : 100, //Y軸最大値
      "axisXLen" : 10, //水平目盛線の本数
      "roundDigit":0, // 軸目盛値の端数処理
    },
    "data" : [
                ["日付"],
                ["売上A"],
             ]
  };
  var chart_sample2 = {
    "config" : {
      "colorSet" : ["blue"], //データ列の色
      "minY" : 0, //Y軸最小値
      "maxY" : 50, //Y軸最大値
      "axisXLen" : 5, //水平目盛線の本数
      "roundDigit":0, // 軸目盛値の端数処理
    },
    "data" : [
                ["日付"],
                ["売上B"],
             ]
  };

データ設定

先ほど設定したハッシュにデータを追加します。

my.js
// チャート用データ設定  
var sales1 = {4:10, 5:30, 6:40, 7:30, 8:60, 9:50};
var i = 0;
for (key in sales1){
  i++;
  chart_sample1["data"][0][i] = key;
  chart_sample1["data"][1][i] = sales1[key];
}

// チャート用データ設定  
var sales2 = {2011:7000, 2012:7500, 2013:8000};
var i = 0;
for (key in sales2){
  i++;
  chart_sample2["data"][0][i] = key;
  chart_sample2["data"][1][i] = sales2[key];
}

チャート表示

ccchart.initでチャートを表示します。

my.js
// 第一引数:canvasのID、第二引数:設定とデータが入ったハッシュ
ccchart.init("chart_sample1", chart_sample1); 
ccchart.init("chart_sample2", chart_sample2);

出来上がり。

ccchart_sample.PNG

とりあえず表示できたら、公式サイトを見ながらいろいろ試してみましょう。