Help us understand the problem. What is going on with this article?

[jQuery] アニメーションさせるメソッド

More than 1 year has passed since last update.

fadeIn / fadeOut

要素をフェードイン/フェードアウトアニメーションさせるメソッド。
徐々に透明度を変化させ、
最後にdisplayプロパティの値をblock/none に変更する形でアニメーションを再現している。

書き方

jQueryObject.fadeIn();
jQueryObject.fadeOut();

// 第1引数にスピード , 第2引数にコールバック関数(アニメーションが完了した後に実行される処理)を指定できる
jQueryObject.fadeIn(スピード , コールバック関数);

サンプル

$('.className').fadeIn();
$('.className').fadeOut();

// スピードの指定
$('.className').fadeIn(1000);
$('.className').fadeIn('slow');
$('.className').fadeIn('fast');

// コールバック関数
$('.className').fadeIn(400 , function(){
    //アニメーション終了後に実行される処理
    alert('フェードイン完了');
});

第1引数(スピード)に指定出来るのは数値(ミリ秒)、'slow','fast'のいずれか。
それぞれの時間は下記の通り。

  • (何も指定しない場合); 400ミリ秒
  • ('slow'); 600ミリ秒
  • ('fast'); 200ミリ秒

ドキュメント

slideDown / slideUp

要素をスライドダウン/アップ アニメーションさせるメソッド。

要素のoverflowプロパティをhiddenの値に変更し、
入り切らない要素はカットする状態にする。
この際にpaddingプロパティの値は0にしている。
その上でheightプロパティの値を徐々に増減させてスライドダウン/アップを表現している。

そして最終的にdisplayプロパティの値を block / none に変更する事で、
スライドでの要素の表示/非表示を再現している。

書き方

jQueryObject.slideDown();
jQueryObject.slideUp();

// 第1引数にスピード , 第2引数にコールバック関数(アニメーションが完了した後に実行される処理)を指定できる
jQueryObject.slideDown(スピード , コールバック関数);

サンプル

$('.className').slideDown();
$('.className').slideUp();

// スピードの指定
$('.className').slideUp(1000);
$('.className').slideUp('slow');
$('.className').slideUp('fast');

// コールバック関数
$('.className').slideDown(400 , function(){
    //アニメーション終了後に実行される処理
    alert('スライドダウン完了');
});

第1引数(スピード)に指定出来るのは数値(ミリ秒)、'slow','fast'のいずれか。
それぞれの時間は下記の通り。

  • (何も指定しない場合); 400ミリ秒
  • ('slow'); 600ミリ秒
  • ('fast'); 200ミリ秒

ドキュメント

animate

要素をアニメーションさせるメソッド。

要素のoverflowプロパティをhiddenの値に変更し、
入り切らない要素はカットする状態にする。
(アニメーション終了後はoverflowプロパティの値は元に戻る)

任意のスタイル属性のプロパティと値を設定し、
独自のアニメーションを再現することができる。

ただし、使用できるcssのプロパティ名は、
数値型の値をとるモノのみに限定される。
(position: 'relative' などは使用できない)

書き方

jQueryObject.animate({
    プロパティ : 
});

// 第1引数にcssのプロパティと値 , 第2引数にスピード , 第3引数にコールバック関数を指定できる
jQueryObject.animate({
    プロパティ : 
}, スピード);

jQueryObject.animate({
    プロパティ : 
}, スピード , コールバック関数);

サンプル

$('.className').animate({
    top : 500,
    left : 600
},3000);

// コールバック関数
$('.className').animate({
    top : 500,
    left : 600
},3000 , function () {
    alert('アニメーション完了')
});

第2引数(スピード)に指定出来るのは数値(ミリ秒)、'slow','fast'のいずれか。
それぞれの時間は下記の通り。

  • (何も指定しない場合); 400ミリ秒
  • ('slow'); 600ミリ秒
  • ('fast'); 200ミリ秒

ドキュメント

参考ドキュメント

marumoe
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした