Posted at

Amazon Route 53で汎用JPドメインを申請してみた

More than 3 years have passed since last update.

今までVALUE-DOMAINを使ってきたのですが、EC2を使うケースが増えてきたので、ドメインも一括してRoute 53で申請してみました。他で取ってRoute 53で運用しようと思ったのですが、いつのまにか申請もできるようになったのですね。レジストラはGandiがやっているみたいです。

ちなみに、汎用JPドメインの料金は年額で90USDです。これはかなり高いです。NTTPCの名づけてねっとよりも高いです。


1.Amazon Route 53のダッシュボードへ移動

https://console.aws.amazon.com/route53/home?region=ap-northeast-1#Dashboard:


2.ドメインを申請

左側メニューの「Registered domains」を開いて、「Register Domain」をクリックします。


Registrant Contact

必要情報を記入。

ただし、猛烈注意事項がありますので、別途後述します。


My Registrant, Administrative and Technical Contacts are all the same

Yes」を選択します。


Privacy Protection

Hide」を選択します。

全部記入したら画面を進めて、「Complete Perchase」をクリックします。

Go To Domainsをクリックするとドメイン一覧画面に移動できます。


WHOISに公開される情報

ここが猛烈注意事項です。日本のレジストラだと個人情報を非開示にできますが、Gandiで汎用JPはちょっと微妙な挙動を見せていました。常にこうなるとは限りませんので、参考程度に……

ちなみに、Privacy Protectionは「Hide」にしています。

18:50(JST) Route 53経由で申請完了

 ↓

JPRSのWHOISで確認

項目
開示内容

名前
個人情報が開示される

Name
個人情報が開示される

Email
Gandiの情報

郵便番号
個人情報が開示される

住所
個人情報が開示される

電話番号
個人情報が開示される

最終更新
19:09:03 (JST)

 ↓

JPRSのWHOISで確認

項目
開示内容

名前
個人情報が開示される

Name
個人情報が開示される

Email
個人情報が開示される

郵便番号
Gandiの情報

住所
Gandiの情報

電話番号
Gandiの情報

最終更新
20:06:48 (JST)

ご覧のように、申請後、約20分で登録されていました。ただし、個人情報が大公開されています。そして、なぜかメールアドレスだけはGandiのアドレスになっていました。

さらに1時間後に、個人情報がGandiの情報に書き換わっていました。ですが今度はメールアドレスが開示されます。

これがシステム上の仕様なのか、単なる操作ミスなのかは不明ですが。どちらの場合であっても開示される可能性があるってことで、個人で申請される方は気にしながら登録した方が良さそうです。

また、名前とメアドはどちらにしても開示されるようなので、名前はどうしようもないですが、メアドは専用のアドレスを使った方が安全ですね。